思い出

ルームエアコンの室外機は危険がいっぱい

ルームエアコンの室外機は危険がいっぱい

エアコンの室外機は危険がいっぱい

自然豊かな土地の戸建ての場合に多いのですが、たまに室外機にハチの巣を作っていることがあります。

室外機は、ほどよい温度と湿度が絶妙に保たれていて、虫や小動物の住家になることもよくあるもの。

そんな現場に、なんども遭遇している善ちゃんですが、いきなりハチ用の殺虫剤とか持っていくわけにもいかず、初めは手探りで確認するのです。

すこしでも異変を感じたならすぐ、車に帰還。

再び、ゴーストバスター並みの装備を整え、いざ現場へ。

お客さんは、室外機を触るとき見ないほうがいいかもしれませんね。

なんやかんやで、作業を終わらせるのですが、その室外機は移設にしても、廃棄にしても善ちゃんが持って帰らなければいけません。

トラックのように、荷台とセパレートになっているわけではありませんので、少しでも隙間に生きている奴がいれば大変。

車に室外機を積み込みする前には、再び殺虫剤をぶっかけます。

 

 

一度、殺虫剤かけすぎて、次の現場についたころには善ちゃん自身が殺虫剤に侵されてグロッキーになっていたこともありました。

蜂とかなら、善ちゃんも入念なのですが、カメムシとかだとちょっと手薄になります。

なので、車内にカメムシが飛び回ることもたまにあります。

善ちゃんは大の虫ぎらいで、カメムシが現れたなら、ちょっとしたパニック状態になり、無駄にキレます。

カメムシならこんなことで済むのですが、蜂が車内に現れた時はハチに刺されて死ぬか、車で事故して死ぬか究極の選択です。

こんな時はおおかたの予想通り、蜂に刺されます。

そう、抗体が出来ていたら次はヤバいと思います。

そういえば、聞いたことなかったけど、抗体検査したのかな?

まぁ、本人がこの記事を見たら、慌てて病院に行くと思うので、直接言うのはやめておこうと思います。

 

善ちゃん愛用の殺虫剤

これは蜂用ですが、なぜか、いろんな殺虫剤を持っています。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 思い出

    株式会社ノーリツと私の出会い

    老人は、会長だったことを、その時はじめて知りました。フルネームを伺った…

  2. 思い出

    レストランのアルバイト 貯金箱編

    私から見ても、はっきりと分かりました。その時の経理担当者の顔から血の気…

  3. 思い出

    読み込み出来ないはずのバーコードが!

    部長:「俺の頭が成功したりしてな!わぁーはっはっはー!」すかさず…瀧 …

  4. 思い出

    利害関係のある人間に相談してはいけない

    この記事で伝えたいことは、なにかを相談する時は、相談相手を間違えてはい…

  5. 思い出

    「UPがHOT」?これって英語なのですか!

    一呼吸置いて落ち着いた様子で彼の説明は続くのだが、第一声に「UPがHO…

  6. 思い出

    人を疑うことを知らない善ちゃん

    私の通っていた高校は、男女共学でありながら、私の学年には女子が一人も在…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    怒りの気持ちと上手に付き合う方法
  2. 考え方

    プルタブ集めは昭和時代の文化、今は必要ないって話
  3. 方法、手法

    ほとんどの電卓で使える、ちょっとした技
  4. 考え方

    台風の報道でよく見る「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?
  5. 考え方

    依存のすべてが悪いものばかりではない
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。