思い出

ルームエアコンの室外機は危険がいっぱい

ルームエアコンの室外機は危険がいっぱい

エアコンの室外機は危険がいっぱい

自然豊かな土地の戸建ての場合に多いのですが、たまに室外機にハチの巣を作っていることがあります。

室外機は、ほどよい温度と湿度が絶妙に保たれていて、虫や小動物の住家になることもよくあるもの。

そんな現場に、なんども遭遇している善ちゃんですが、いきなりハチ用の殺虫剤とか持っていくわけにもいかず、初めは手探りで確認するのです。

すこしでも異変を感じたならすぐ、車に帰還。

再び、ゴーストバスター並みの装備を整え、いざ現場へ。

お客さんは、室外機を触るとき見ないほうがいいかもしれませんね。

なんやかんやで、作業を終わらせるのですが、その室外機は移設にしても、廃棄にしても善ちゃんが持って帰らなければいけません。

トラックのように、荷台とセパレートになっているわけではありませんので、少しでも隙間に生きている奴がいれば大変。

車に室外機を積み込みする前には、再び殺虫剤をぶっかけます。

 

 

一度、殺虫剤かけすぎて、次の現場についたころには善ちゃん自身が殺虫剤に侵されてグロッキーになっていたこともありました。

蜂とかなら、善ちゃんも入念なのですが、カメムシとかだとちょっと手薄になります。

なので、車内にカメムシが飛び回ることもたまにあります。

善ちゃんは大の虫ぎらいで、カメムシが現れたなら、ちょっとしたパニック状態になり、無駄にキレます。

カメムシならこんなことで済むのですが、蜂が車内に現れた時はハチに刺されて死ぬか、車で事故して死ぬか究極の選択です。

こんな時はおおかたの予想通り、蜂に刺されます。

そう、抗体が出来ていたら次はヤバいと思います。

そういえば、聞いたことなかったけど、抗体検査したのかな?

まぁ、本人がこの記事を見たら、慌てて病院に行くと思うので、直接言うのはやめておこうと思います。

 

善ちゃん愛用の殺虫剤

これは蜂用ですが、なぜか、いろんな殺虫剤を持っています。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 思い出

    あの先行者はどうなったのか?

    日本ではHONDAがASIMOを開発し、ソニーもAIBOを開発していた…

  2. 思い出

    俺のはしごを盗んだのは誰やねん!

    ってかー、普通間違わんやろーっこれは悪意さえ感じる。…

  3. 思い出

    ラーメン屋パニック

    ラーメン屋でカレーを食べる善ちゃんの奇行…

  4. 思い出

    ボケた善ちゃんと焦げるメカニズム解説

    焦げは、たんぱく質に熱を加えることで炭化していく現象ですが、どうしてフ…

  5. 思い出

    西くんの探し物

    今日、無くなるはずのない物が、目の前から一瞬で消えた出来事がありました…

  6. 思い出

    思い込みの激しいコロンブス

    コロンブスが「ゆで卵を立ててごらん」って言います。言われた人は、慎重に…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 思い出

    俺のはしごを盗んだのは誰やねん!
  2. 思い出

    読み込み出来ないはずのバーコードが!
  3. 方法、手法

    正しいパソコン姿勢は疲れない
  4. 方法、手法

    表示されたメッセージの対処方法を調べるには
  5. 考え方

    『時代を超える普遍的なメッセージ』ギリシャ神話から思うこと
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。