考え方

具体的にどのくらいの水分を失うと熱中症になるのか

 

 

 

 

必要な水分を数値化する

「熱中症にならないようにするために、こまめに水分を取りましょう。」

いや、なんとなくわかるけど、私ならこのように漠然と言われても、まったくピンとこない。

やっぱり、なんでも数値にすると具体的になって、わかりやすいと思いますので、数値化してみて、本当に必要な水分量を考えたいと思います。

この手の情報は、たくさんありますが、私なりに数値化して、わかりやすくして情報を発信してみたいと思います!

 

 

からだの約60%が水分

人間のからだの約60%が水分だと言われています。

ならば・・・

例えば、体重が60Kgの人の場合

60kg x 0.6(60%) = 36Kg

36Kg分が水分となりますので、およそ36リットル。

つまり、36リットルを維持すればよいことになります。

以後は、60Kgをベースに話を進めます。

計算式も入れておきますので、自分の体重を当てはめて数値を確認してみてください。

 

 

1日に排出される水分の量

排尿と排便で、体重の2.7%の水分が排出されます。

60Kg(体重) x 0.027(2.7%) = 1.6リットル

呼吸と汗で、体重の1.5%の水分が排出されます。

60Kg(体重) x 0.015(1.5%) = 0.9リットル

合計 2.5リットル

※夏場など、汗の量が非常に多くなる時は、その分は考慮する必要があります。

 

 

1日に必要な水分の摂取量

排出される水分ぐらいの水を摂取する必要があります。

体内で作られる水は、0.5%

60Kg(体重) x 0.005(0.5%) = 0.3リットル

食事 0.8リットル

飲み水 1.4リットル

合計 2.5リットル

※夏場で、余分に汗が出てしまった時は、その分を考慮する必要があります。

※食事と飲み水の割合は参考値

 

 

のどの渇きは手遅れ

「水分の摂取量なんて、いちいち管理できない!」

「のどが渇けば、水分を補給すればいいのでは?」

このような声が聞こえてきそうですが、量まで管理する必要はありませんが、日中は500mLのお茶やスポーツドリンクを2本ぐらい飲むなど、決めておけば良いと思います。

これは、最低限必要な量であって、余分に汗を出した時や夏場などは、その分を考慮する必要があります。

また、のどが渇く症状はとても危険なサイン。

のどが渇くのは、身体の5%ぐらいの水分を失っている可能性がありますので、すでに脱水症状になっています。

脱水症状は、熱中症の初期症状だから注意が必要です。

ですので、のどが渇いたら、すぐに水分を補給する必要があります。

このとき、一気に飲みほすのではなく、数回に分けて飲むようにします。

こんな時は、ポカリスエットやアクエリアスなどの塩分(塩化ナトリウム)の入った飲み物が良いでしょう。

のどが渇いた = 脱水症状

となりますので、のどが渇く前に水分補給をしないといけません。

 

水分が減るとどうなるのか

5%失うと・・・

のどが渇き、脱水症状や熱中症などの症状が現れます。

5%ということは

60Kg x 0.05(5%) = 3Kg(3リットル)

元々36リットルあった水分が、33リットルになってしまうってことです。

まったく水分を摂取していない事は考えにくいですので、余分に汗を出した時は、要注意。

これ以上にならないように、ここをレッドソーンだと認識するべきです。

10%失うと・・・

筋肉の痙攣(けいれん)、循環不全などがおこります。

10%ということは

60Kg x 0.1(10%) = 6Kg(6リットル)

元々36リットルあった水分が、30リットルになってしまうってことです。

この状態になると、自力で動くことが困難になり、周りに人がいない場合は、非常に危機的な状況となってしまいます。

夏の屋外での作業ですと、5リットルぐらいはすぐに汗で出てしまうので「あっ」っと言う間。

お盆のころに、墓掃除などで、毎年命を失っているお年寄りがいるのはうなづけます。

20%失うと・・・

死にます。

20%ということは

60Kg x 0.2(20%) = 12Kg(12リットル)

元々36リットルあった水分が、24リットルになってしまうってことです。

いきなり、20%までいくことはなく、10%を超えると自力で動けなくなることがありますので、そのまま脱水し続けて死に至る場合があります。

さて、みなさんの印象はどうでしたか?

「たったそれだけで!」って思った人もいるのではないでしょうか。

 

確認実験

 

条件

2017年8月5日 気温 35度

直射日光は避けましたが、照り返しがある状況

14時から愛車のスーパーカブのリアタイヤ交換、ドリブンスプロケ交換、リアブレーキシュー交換、フロントスプロケ交換、フロントブレーキシュー交換を行いました。

 

結果

ベアリングなどの消耗品の確認や洗浄も行っていたので、思った以上に時間が経過しました。

終了時間は18時ごろだったので、4時間の屋外作業。

今回は、確認実験のため、水補給なしで作業しました。

危険ですので、作業開始前に意識して、飲みたくもない水を1リットル飲みました。

体重を計測すると、61Kg(服を着た状態)

作業後、同じ条件で体重を測定すると、59Kgでした。

わたしの体重計は信頼性に欠けるので、正確ではありませんが、約2リットルの汗を出したことになります。

ということは、計算すると・・・

約3%の水分がなくなっています。

2リットル ÷ 61Kg = 0.03(3%)

計算上は、脱水症状の一歩手前ですが、体感的には完全にアウト。

ちょっと、やりすぎました。

実は、チェーン交換、オイル交換、エアーエレメント交換、キャブレター洗浄、点火プラブ交換も予定していたのですが、体調が悪化してきたので断念しています。

私が調べた文献よりも、実際はもっと早い段階で脱水症状が起きると考えられます。

先ほど、一気に飲んではいけませんと書きましたが、私は耐えられず一気に500mLのペットボトルを飲んでしまいました。(-_-;)

それからは、涼みながら、清水いちごのかき氷を食べ、ゆっくりと水分補給をとりました。

※清水いちごとは・・・兵庫県明石市でしか食べることが出来ない、レアないちご。遠くに輸送することが出来ないいちごなので、普段は、この近所の高級料亭でしか食べることが出来ません。

その後は、1時の就寝までヘロヘロ状態で、食事ものどを通りませんでした。

みなさんも熱中症には十分に気を付けてくださいね。

 

 

ビールはマイナスの水分補給

のどが渇いた時のビールは特別においしく感じることでしょう。

のどが渇いていたら、なにを飲んでもおいしく感じます。

ビールを飲めば、からだの水分は減ります。

飲めば飲むほど、減ります。

それは、アルコールには利尿作用があるため、通常よりも尿の量を増やしてしまうからです。

どのくらい減るのか?

飲んだ量の10%の水分がなくなります。

350mlを2本飲めば、700mlですので、70mlの水分がなくなることになります。

ですから、ビールを飲んだ後は、意識して飲んだ量の10%の水を飲んでおくようにしましょう。

間違っても、ビールを飲んで水分補給したつもりにはならないようにしてください。

 

 

あと2杯水を飲む

入浴中はコップ1杯分の汗がでます。

就寝中もコップ1杯分の汗がでます。

ですので、お風呂あがりと、朝起きたときには、コップ1杯の水を飲むことが望ましいです。

特に夏は、この習慣を徹底したほうがよいと思います。

 

夏に体重が落ちるのは水分が減るから

夏は痩せやすいと思われがちですが、確かに水分が減る傾向にあるので、体重の数値は減ります。

しかし、これは、水分が減っているだけであって、痩せているわけではありません。

しかも、減っている水分は、必要な水分量ですから、戻す必要があります。

夏は暑く、体内で熱を作る必要がないため、脂肪が燃焼されることがありません。

実は、冬の方がやせる環境としては整っています。

 

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 考え方

    学歴フィルターがある理由

    学歴フィルターとは、会社説明会予約受付の連絡が来て、すぐに申し込みしよ…

  2. 考え方

    形を想像する力試し

    最近では1回使い切りの衛生性から紙コップの利用性が高まっています。円筒…

  3. 考え方

    清潔に見える「ジェット式の送風タオル」が不潔な理由

    あなたは普段、トイレで手を洗った後のタオルはなにを使用していますか?使…

  4. 考え方

    ネズミ講とマルチ商法の違い

    いくら合法なビジネスモデルだとしても参加することはお勧めしないってこと…

  5. 考え方

    傘がない雨の場合、走っても歩いても濡れる量は同じ?

    傘を持っていない時に、雨が降ってきました。急いで目的地にたどり着くため…

  6. 考え方

    リモコンにアルカリ乾電池を使ってはいけない理由

    久しぶりにエアコンを稼動させようと思って、リモコンを操作してみると動き…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    【料理は科学】ナポリタンの作り方
  2. メモ

    ペットボトル湯たんぽの注意点まとめ
  3. 考え方

    自分と相手を大切にする表現技法
  4. 方法、手法

    血糖値を下げる対策!あなたはすでに糖尿病の予備軍かもしれない。
  5. 方法、手法

    車のヘッドライトの黄ばみは簡単に透明にできる
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。