思い出

思い込みの激しいコロンブス

思い込みの激しいコロンブス

コロンブスの卵

クリストファー・コロンブスと言えば、『コロンブスの卵』が有名な話。

知らない人のために簡単に概要を・・・

コロンブスの卵

コロンブスが「ゆで卵を立ててごらん」って言います。

言われた人は、慎重にバランスを取りながら、静かにゆっくりと置くと、ちゃんと立ててしまう。

それを見て、絶句するコロンブス。

コロンブスは心でつぶやいた

「へぇー、立つのかー」

でも、コロンブスはあきらめまない。

他にゆで卵を立てられない人を探して、姑息にも底をつぶして立てて自慢していた。

そんな後戻りのできない男の話。

コロンブスは後戻りができない

そう、コロンブスは後戻りができない男だった。

この性格が、後に大きな災いを産むことになった。

スペインに住んでいたコロンブスは、どうしてもインドに行きたかった。

東向きに馬車を走らせればいいものを、大航海時代といった流行にのって、移動手段に船を選ぶ。

さらに、なにを思ったのか、わざわざ遠回りの西回り航路で、インドに向かいました。

当時、まだ地球平らで、西に行っても行き止まりだと信じる者も多かった。

1492年に、コロンブスが地球が丸いと証明したかったのかどうか?わかりませんが、西回りでインドに向かいました。

当然、行きつく先は後にアメリカと呼ばれることになる大きな島(大陸)です。

どういった、根拠をつかんでそこがインドと思ったのかわかりませんが、コロンブスは後戻りが出来ない男。

そこを、無理やりインドだと思い込み、アメリカ先住民族のことを「インディアン(インド人)」と名づけた。

 

 

それから、既に人が住んでいる土地に後からやってきて・・・

「発見した」と宣言

「は?」

私は、思った。

それは、あなたが知らなかっただけ。

仮に、コロンブスの乗った船が漂流してアメリカ以外の大陸に着いていたとしたら、そこがインドにされていたことになる。

そして、そこの先住民族のことを「インディアン(インド人)」って言い張るわけです?

絶対におかしいですよね。

私は、コロンブス本を図書館で読んだとき・・・

こいつ・・・あほ?

そんな風に思いました。

もっと言うと、もしもアメリカ大陸がなかったら・・・

こいつコロンブスは確実に死んでいる」と思います。

コロンブスは最初にアメリカを見つけたのに、それをインドだと言い張ってしまった。

だから、新大陸の名前は後から来て「これは新大陸だ」と主張した「アメリゴ・ヴェスプッチ」の名前にちなんで「アメリカ」となった。

きっと、コロンブスも途中で「もしかして、ここってインドじゃないかも…」って思ったはず。

だって、インド人と白人ではまったく違いすぎますから。

カレーだって、なかったはずですし、お釈迦様のかけらもなかったはず。

 

コロンブスの悪夢

コロンブスの悪夢はここから。

コロンブスが見つけたのがインドじゃなくて新大陸(アメリカ)だってことがはっきりした後でも、インディアン(インド人)っていう言葉だけが残りました。

きっと、コロンブスの中では消したい記憶だったに違いありません。

今でこそ、先住民族のことを「ネィテイブ・アメリカン」って呼びますが、私が子供のころはみんな「インディアン」ってはっきりと呼んでいました。

さらに「インディアン、ウソつかない」なんてのも言っていましたよ。

これって、完全にコロンブスに対する嫌がらせ。

なぞなぞの本にも、書いていました。

「アメリカに住んでいるのにインド人って呼ばれるのは、なーぜだ?」

正直者のワシントンもひどかったけど、コロンブスも負けていません。

この話は、私の勝手な想像が含まれています。

それは史実には残っていない記録を元に作られた歴史なので、いずれ内容も変わるはず。

それならば、自分の思うように想像させていただきました。

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    活字やニュースを鵜呑みにしてはいけない

    メキシコ湾流、北大西洋海流、カナリア海流、大西洋赤道海流に囲まれた海域…

  2. 思い出

    見習いに殺されかけた善ちゃん!

    「俺から、盗めるものがあったら、なんでも盗めよ」次の日、車から道具が結…

  3. 思い出

    レストランのアルバイト 貯金箱編

    私から見ても、はっきりと分かりました。その時の経理担当者の顔から血の気…

  4. 思い出

    両目を失ったガリレオ

    上を向いて大きな声で「地動説を捨てる」と宣言し、下を向いて誰にも聞こえ…

  5. 思い出

    子どもをくじく、大人の一言

    私にも、救われた一言と、心をくじかれた一言があります。たった一言、言っ…

  6. 思い出

    私がはじめて飼うことになった憧れのペット

    金魚は賢かったコンビーフは生きていないとわかったらしく、金魚は一口も食…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    ICAD/SX オペレーション(使い方)応用編
  2. 方法、手法

    教科書にはない設計ノウハウ 板金設計のねじ穴編
  3. 方法、手法

    アイソメ図の書き方
  4. トレンド

    Gポイントのススメ
  5. 方法、手法

    便利なGoogle検索方法(ヤフオクにも使えます。)
PAGE TOP