方法、手法

なめそうなほど硬いネジを緩める場合

なめそうなほど硬いネジを緩める場合

ドライバーの使い方

JIS規格では、「ねじ回し」といいます。
別の呼び方で「スクリュードライバー」がありますが、普通はパソコン関連の「ドライバー」混同を避ける場合以外は、「ドライバー」と呼びます。
ドライバーを使って、ネジを緩めるときに最も気を付けることは、カムアウトさせないことです。

カムアウトとは、ドライバーの浮き上がり現象のこと。

カムアウトにより、ネジとドライバーの接地面積が少なくなった状態で回転方向の力を加えると、なめ(ネジ頭の溝が潰れ)ます。
ネジをなめると、もうそのネジは繰り返し使うことは出来ません。
それだけで済めばいいですが、最悪は緩まないままってこともあります。

だから、絶対にカムアウトだけは避けなければいけません。
そのため、ドライバーに加える力は回転方向の他に、垂直方向に押し付ける力が要ります。

そして、その割合は 9:1
垂直方向に押さえつける力が「9」で、回転方向に加える力が「1」
カムアウトさせないために、ほぼ押し付けているイメージになります。

ある程度緩み、トルクが弱くなってきたら、回転方向の力の割合を増やしても大丈夫。
また、良いドライバー工具なら、アンチカムアウト・リブ(ACR)が採用されているので、ネジをしっかり捉えるので、なめにくいとの情報もいただきました。
いろんな工具がありますが、プラスドライバーなら、高価な物を持っていても元は取れそう。

ドライバーの限界

あたりまえですが、人力には限界があり、全体重をかけてもカムアウトしてしまうネジがあります。
高温になる車のエンジン回りだったり、錆びついていたりすると、普通のドライバーではネジを緩めることができない場合があります。
このような状態のときに試す方法を、順を追って紹介します。

潤滑剤を使う

代表的な潤滑剤は、CRC5-56のような浸透性能が高いもの。
硬いネジには、潤滑剤を塗布して、数分待ち十分浸透してから、ドライバーで緩めてみます。
ネジ固着の程度が低い場合はこれで緩みますが、潤滑剤を塗布しても、びくともしないネジが実際にあります。
その場合、次に紹介するショックドライバーを使います。

ショックドライバーを使う

ショックドライバーを使うためには、金槌(ハンマー)が要ります。
ショックドライバーは、手動で回転させる機構はなく、垂直方向に押すことでしか回転させることができません。
ですから、ほぼ10:0に近い状態でネジを緩ませることができるので、カムアウトすることがありません。
どうやって、垂直方向に力を入れるのかというと、金槌で釘を打つようにショックドライバーを叩きます。
これで緩まないネジはほとんどありません。
しかし、金槌で叩くので、母材がしっかりしていることが前提となります。

母材とはネジが固定されているもののこと。

母材が弱い樹脂だったり、薄い金属だったりする場合は、母材を破損させてしまうのでショックドライバーは使えません。

その場合、次に紹介するインパクトドライバーを使います。

インパクトドライバーを使う

インパクトドライバーは電動ドライバーに、似ていると思うかもしれませんが、全く違いますので混同しないように注意してください。
インパクトドライバーは、衝撃を利用してネジを回す電動工具です。
高い回転トルクと同時に、ネジに垂直方向の打撃力を与える効果を持つ事が特徴。
ショックドライバーほどの垂直方向の打撃がないものの、ほぼ同等の効果を得られることができます。
※動作に打撃があるので、打撃音や振動があるので回転方向だけの電動ドライバーとはまったく違います。

ネジをなめてしまった場合

上記の方法を試せば、ほぼなめることはありませんが、それでもなめてしまっても、ネジを緩める方法はいくつかあります。
代表的な方法を3つ紹介します。
ネジ頭は潰れているのが前提ですから、再使用することを考えていません。

ネジザウルスを使う

ペンチやプライヤーの溝を縦に堀っているのが特徴で、ネジザウルスでネジを掴んで回せば緩めることができます。

逆ネジ

潰れたネジに穴をあけ、そこに逆ネジのタップを切りながら、ネジを緩めるしくみになります。
逆ネジなので、緩める方向に回せば回すほどホールドするので、潰れたネジでも緩めることができます。
ネジに穴をあける必要があるので、ステンレスネジのように硬すぎるネジには穴を開けることができない場合があります。

ゴムシートを使う

幅の広い輪ゴムでも代用できますが、薄いゴムシートを潰れたネジ頭に乗せます。
ネジとドライバーの間にゴムシートがある状態で緩めてみてください。
ゴムの摩擦抵抗により、しっかりホールドするため、ネジを回すことができます。

追加情報

フォロワーのtetsuさんより、追加情報をいただきましたので追記します。

金属は、暖まると膨張し、冷えると収縮する性質があります。
炙ったり、冷やしたりすることでネジと母材に隙間が出来るので、ねじが外れやすくなります。
炙るのは、使える場所が少なそうですが、冷やすほうなら、おおよその場面で使えそうです。
今回教えていただいた商品はこちら。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

なぜか電気代が増加しているなら漏電かもしれない!前のページ

宇宙戦艦ヤマトの船底はなぜ赤い?次のページ

関連記事

  1. 方法、手法

    インスタントコーヒーがおいしくなる作り方

    コーヒーに使う水は、カルシウムやマグネシウムの濃度が低い水道水がおすす…

  2. 方法、手法

    ゴキブリによる住居不法侵入事件 第2回

    不法侵入者を確保せよしかし、しかしです、どんなに侵入を妨害しようとも、…

  3. 方法、手法

    配管図面からアイソメ図の書き方

    設計者が書く場合でも、モノづくりの現場の者が書く場合でも、このアイソメ…

  4. 方法、手法

    レンズから静電気を除去してほこりが付かないようにするには

    昔と違ってメガネやカメラのレンズはプラスチック製であることが多い。プラ…

  5. 方法、手法

    白湯が魔法の水と言われるのはなぜ?

    白湯は、たくさんの効能が期待できるため、まさに「魔法の水」のようですね…

  6. 方法、手法

    英単語と英熟語の覚え方

    単語帳を使って、英単語を覚えようとしている人を見かけますが、これは非常…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    ICAD/SX オペレーション(使い方)基本操作ガイド編
  2. 方法、手法

    初心者の説明するCSSが判りやすい!これでCSSが実行可能
  3. 考え方

    入学祝いに贈りたいもの
  4. 考え方

    自己肯定感を高めたいのに、それを邪魔してしまう習慣とは
  5. 考え方

    小さなお子さんが嘘をつきだしたら
PAGE TOP