方法、手法

蛍光灯は1時間後にまた付けるなら消さないほうが電気代は安い?

蛍光灯は1時間後にまた付けるなら消さないほうが電気代は安い?

電気代の都市伝説

「蛍光灯は1時間後にまた付けるなら消さないほうが電気代は安い」このような都市伝説を聞いたことはないでしょうか。

答えは、嘘

確かに、蛍光灯は点灯するときに一番電気代がかかるのは正解。

でも、点灯の数秒で1時間分もの消費電力を使うはずがありません。

ちょっと計算してみれは簡単に答えがわかります。

わかりやすく単純に計算するために、力率とか完全無視した物理的にはいい加減な計算を行います。

40Wの蛍光灯を1時間使えば、40Wh(ワット時)の消費電力。

1時間=3600秒


3600秒で40Whの消費電力

蛍光灯の点灯に10秒かかるとして、40Whの電力量を10秒で消費するとなると・・・

10秒で40Whの消費電力


40W x (3600/10秒) = 14400W/10秒

点灯10秒間の蛍光灯の消費電力は14400Wとなりました。

 

通常使用時の40Wと比べると、実に360倍。

電流で考えると、点灯の10秒間は144Aが続くことになります。

 

14400W ÷ 100V = 144A

144Aはとても大きな電流。

コンマ数秒ならともかく、10秒間も流れ続けられる訳がありません。

 

家のブレーカを見てみるとせいぜい60Aまででしょう。

確実にブレーカが落ちています。

なので、これは都市伝説といって間違いありません。

 

 

昭和初期の家電なら

100歩譲って、昭和初期の家電なら・・・とも思いましたが、やっぱりありえません。

本題の電気代金の観点で見ると、どれくらい離れるなら消したほうが電気代は安く抑えることができるのか?

これも、計算ですぐに答えは出ます。

しかし、考慮するのは電気代のみではありません。

機器の寿命も考慮にいれるべきと考えます。

省エネルギーセンターのデータをみると、平均寿命1万時間の40Wの蛍光ランプの場合、1回の点滅で約30分寿命が短くなると記載がありました。

なら、30分寿命が短くなるからと言って、単純に30分以内ならば点灯していた方が良いという事ではありません。

 

点灯していなければ電気代はゼロ

結局、点灯していなければ電気代はゼロ。

しかし、頻繁な点灯消灯の繰り返しで、すぐに製品が故障することも考えなくてはいけません。

点灯時間が少なく、頻繁に点灯消灯を繰り返す場所には、蛍光灯ではなく、白熱球を使用することをオススメします。

白熱球は蛍光灯と比べて電力消費は大きいですが、点灯でのストレスはありませんので頻繁に点灯消灯をする場所に向いているのです。

 

 

豆知識

100Vの白熱球より、110Vの白熱球を使用した方が消費電力が少なく、電球自体の寿命も長い。

いかがでしたでしょうか、少しは参考になりましたでしょうか?

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 方法、手法

    LINEを使えば固定電話や国際電話にも無料通話ができる。

    1日5回まで利用可能固定電話への通話:3分/回携帯電話への通話:1分/…

  2. 方法、手法

    【悪用禁止】スマホで同じアプリを使用する方法

    普通なら別の端末を用意する必要があるのですが、スマホには同じアプリを違…

  3. 方法、手法

    トイレが詰まったらどうする?(゚д゚)!

    トイレに限らず、お風呂場や台所など、意外に排水管が詰まることは多いもの…

  4. 方法、手法

    少しのコツだけで、Excelで作る表をプロの仕上がりに

    Excelで、表を作ったとき、こんな感じに作る人をよく見かけます。別に…

  5. 方法、手法

    絶対にインフルエンザにならない方法

    「口を湿らす程度の水を20分おきに飲む。」これが今回の肝です。日刊ゲン…

  6. 方法、手法

    Googleの検索結果は、あなた専用だったんです。

    私も人に、「“○○ △△”のキーワードで検索したら一番初めに出てくるよ…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    なめそうなほど硬いネジを緩める場合
  2. 方法、手法

    配管図面からアイソメ図の書き方
  3. 考え方

    バイクにスクリーンと屋根があると快適な理由
  4. 思い出

    片付け上手な人がうらやましい。
  5. 考え方

    居酒屋やレストランには、このサービスを取り入れて欲しい
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。