方法、手法

スマホの掃除方法

スマホの掃除方法

某メガネ屋さんにて

メガネ屋さんにフィッティングに行ったときに、メガネ屋さんにメガネクリーナーをオススメされました。

それと同時に、メガネ拭きもオススメされました。

確かに、メガネ屋なのでメガネのメンテナンス用品を進めるのは当然。

実際に、付属されていたメガネ拭きは小さかったし、クリーナーも要るかなぁって考えていた頃だったので少し迷いました。

迷っている私に、その店員は、「このメガネクリーナーはメガネ以外にも、スマホを掃除するのにも最適ですよっ!」って言ってきました。

続けて、こう言います。

「私なんて、常にこれでスマホを磨いているのでいつでもピカピカですよ!」

そのメガネクリーナーの成分を確認して見ると、アルコールが微量ですが含まれていました。

私は、スマホの開発にも関わっていた時代もありましたので、よくわかるのですが、スマホの多くがアルコールに犯される樹脂を使用している割合が多い。

ですから、私の知識から考えると、メガネクリーナーでスマホの掃除を進めるのはNGだと言うことです。

店の売り上げを上げたいなら、やっぱりメガネだけで勝負して欲しかったと心で思いました。

携帯クリーナーは、液体を付けて拭くのではなく、専用の携帯クリーナーと呼ばれる布を使用したほうがいいのではないでしょうか。

防水端末の間違った掃除方法

防水端末への誤解も多いのですが、スマホ開発で想定しているのは、20℃前後の水と5℃以下の差がある室温環境です。

例えば、水温が20℃なら、室温は15~25℃以内となります。

室温と差があると機器内で結露したりするので、防水機能では保障できないからです。

また、水温も常温と思っておいてください。

したがって、お湯とか洗剤が混じっていると、防水機能があっても壊れる可能性が高いことを知っておいてください。

ですから、防水だからって水でビシャビシャ洗うのはオススメしません。

まして、洗剤を使うなんて絶対にやってはいけない行動です。

また、CMでも見かけますが、湯船に持って入るなんて、私なら怖くて絶対にしません。

プールもだめですよ、深い水になると、今度は水圧がありますので、やっぱり壊れます。

もう一度言いますが、防水だからって、お湯や洗剤で掃除することはしないように注意してください。

 

基本的な掃除方法

まずは、これで端子や表面の埃を飛ばします。

メガネなら、水洗いが出来ますので、ブロアーは必要ありません。

次に、眼鏡やカメラなどについてくる「クリーニングクロス」を使ってスマホ画面の汚れを拭き取ります。

目に見えるスマホ画面の皮脂汚れなどは、簡単に落とすことができます。

クリーニングクロスは繊維が細かいので、スマホの画面を傷つける心配がありません。

クリーニングクロスの種類は豊富なので、いいものを選んでみましょう。

ちなみに、クリーニングクロスは洗濯ができます。

ティッシュの使用

手軽なティッシュで拭く方もいると思います。

ティッシュは、油分を拭き取ることに向いておらず、油分を伸ばしてしまうので、せっかく拭き取ろうとした汚れが広がってしまうそうです。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 方法、手法

    なぜ昆布は海でダシがでないの?

    昆布が生きている間はグルタミン酸というのは表皮細胞に蓄えられています。…

  2. 方法、手法

    水槽で使う、ぶくぶくポンプの作り方

    作り方によっては、本当に静音仕様に作ることが出来ます。夏休みの工作にい…

  3. 方法、手法

    スケジュール帳を上手に使う方法

    スケジュール帳をスケジュールだけを管理するのを辞めて、自分なりにカスタ…

  4. 方法、手法

    三相交流が理解できる話

    工場にある、様々な回転機器に使われている三相モータを動かすには、三相交…

  5. 方法、手法

    AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート対応

    どうも、「ポリシー違反の疑いがあるページがあります」ってことらしいです…

  6. 方法、手法

    洗濯槽のカビ洗浄に一番良い方法に、やっとたどり着きました。

    過炭酸ナトリウムを使用した結果カビをすくった網を見れば、今までの量と差…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    画像の余白を透明にする方法
  2. 思い出

    スポットライトを浴びる瞬間
  3. 方法、手法

    受験の小論文の書き方
  4. 思い出

    見習いに殺されかけた善ちゃん!
  5. 考え方

    暑い夏に、長袖シャツは・・・ありです!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。