考え方

お風呂の循環金具(風呂アダプター)の寿命

お風呂の循環金具(風呂アダプター)の寿命

循環金具(風呂アダプター)とは

浴槽を覗いてみると、お湯が出てくる丸い部分があると思いますが、これが『循環金具』や『風呂アダプター』と呼ばれる部分です。

追いだき機能が付いているものと付いていないものや、給湯機器の機能によって若干内容が変わります。

これは、2本の接続先があるタイプなので、追いだき機能付きタイプの給湯器に対応する循環金具です。

構造的には、とてもシンプルで、故障するイメージがありません。

メンテナンスを怠れば、汚れで詰まったり、腐食する場合がありますが、循環金具の不具合はほとんど聞くことがありません。

絶対に壊れないといいませんが、なかなか壊れる部分ではありません。

 

給湯器の交換に伴う循環アダプターの同時交換

同じタイプの給湯器本体を交換した場合、循環金具’風呂アダプター)は交換しなくても問題ありません。

ですから、当社では基本工事に循環金具(風呂アダプター)の交換は含んでおりません。

しかし、通常の工事業者では、機器本体の交換と循環金具の交換は常識になっていますから、循環金具の交換もあたりまえに行います。

これは、車のヘッドライトで言うと、片方が球切れしたら、両方交換するのと似ています。

つまり、これを機に一緒に交換しておきましょうって話です。

しかし、お客様に家の構造で、この循環金具を交換するのが非常に困難なケースがあります。

その場合、非常に高額な工事料金を請求される可能性もあるのです。

それでも、工事業者からすると循環金具の同時交換は常識になっているので、絶対に行おうとします。

工事費用の見積もりを確認して、循環金具の交換に伴う部品代金と工事費用は要チェック項目となります。

もしも、循環金具の交換に大きな費用が発生しているようであれば、この部分はなしで再見積もりを取得してみることをお勧めします。

 

循環アダプターの不良なのか?

まれに、循環アダプターから、チョロリョロと水が出てくる現象の問い合わせがあります。

可能性は2個あり、どちらの場合も循環アダプターの不具合ではありません。

循環アダプターには、弁がありませんので、水の流れを制御することはしていません。

つまり、水が出てくる原因は、給湯器本体にあります。

給湯器本体には、「電磁弁」と言われる、弁があり、そこで水の流れをコントロールしています。

ですから、水がチョロリョロ出てくるようでしたら、この電磁弁が消耗している可能性があります。

この場合、電磁弁の修理だけを行わず、機器本体の交換を推奨します。

小さな故障は、大きな故障の前兆ですから、これはラッキーなことと捕らえるべきです。

もうひとつの可能性は、凍結防止で水をわざと出していることがあります。

寒冷地に限らずとも、私たちのいる兵庫県でも局地的にマイナスになることはざらにあります。

こんなとき、凍結破損を防止するために、水を流すことがあります。

この場合は、故障ではありません。

そんなに冷え込まない日であっても、毎日水が出てくるようであれば、電磁弁が故障している可能性が高いと思われます。

 

循環アダプターの交換工事

浴槽を挟むように循環金具が設置されています。

専用のホースが壁の中を通って、外の給湯器本体と接続されています。

専用ホースと、循環金具の接続方法が2種類あります。

ネジで固定するタイプとろう付けタイプの2種類の接続方法があります。

多くの場合は、ネジで固定するタイプですが、本物の職人さんは、必ずろう付けするすごい職人もいます。

それは、ろう付けした場合は、水漏れの心配がほとんどないからです。

このあたりの作業を見れば、職人のスキルがわかりやすいと思います。

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    下品な販売員がウォシュレットをセールスするとどうなるのか?

    店員:「じゃぁ、あなたは、その手に“うんこ”を乗せてから、ティッシュで…

  2. 考え方

    『エコキャップ運動』は本当にエコなのか?

    この活動を『エコキャップ運動』といいますが、確かに、2005年までペッ…

  3. 考え方

    カリスマ的な力がなくてもリーダーシップは発揮できる

    リーダーシップとは、カリスマ的な力で人をぐいぐい引っ張っていくような、…

  4. 考え方

    自動車の給油は必要な分だけ給油する方がメリットがある理由

    メリットとデメリットを書いてみましたが、実際のところは程度によります。…

  5. 考え方

    趣味の探し方と見つけ方

    「趣味」とは私の辞書で、調べてみると、このように書かれていました。「仕…

  6. 考え方

    私がメガネ購入した理由

    当初予定していた予算は大幅に超えましたが、非常に納得のいく買い物ができ…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. トレンド

    明治のカールが東日本へのお土産の定番になる
  2. 方法、手法

    T字のカミソリを通常よりも長く使うためには
  3. 思い出

    見習いに殺されかけた善ちゃん!
  4. メモ

    タイの人なら100%所持している「ヤードム」とは
  5. 思い出

    思い込みの激しいコロンブス
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。