考え方

過ちは人の常 To err is human .

過ちは人の常 To err is human .

過ちは人の常

聖書から引用したこの言葉にもあるように、どんな人間も必ず間違いを犯します。

どれだけ全力を尽くしたところで、最善を尽くすことは出来ないものです。

失敗をした時に人は、全力を尽くしたことで自分を納得させているようですが、全力を尽く事と、最善を尽くすことは似て非なるもの。

例えば・・・

どうしても明日の朝までに終わらせないといけない業務があるとします。

いつもの残業だけでは終わりそうもないと判断

頑張って徹夜して業務を終わらせたとします。

 

その結果・・・

帰りの自動車運転で居眠りしてしまい、路肩を走っているバイクと接触!

結局バイク運転者は死亡させてしまうような事故を起こした。

後々判明したことですが、徹夜をしてまで終わらせた業務の期日は取引先のマージンにより、実は次の週明けでもよかった。

といった内容の事例があったとします。

無理なものを無理と割り切る勇気を持ち、冷静な判断が出来ていればこんな過ちは犯さなかったのかもしれません。

この事例から分かるように、これは全力を尽くしてはいるのですが、最善ではなかったのです。

このようなケースが多々あります。

そう、最善を尽くすことは難しく、全力を尽くすだけでは駄目なのです。

 

最善を尽くすためには

では、最善を尽くすためにはどうすれば良いのでしょうか。

それを補う一つの方法が、より多くの知識を身に着けることにつきます。

どうか多くの知識を身に付けて、出来る限りの最善を尽くして世間の悪似(おに)に対して身を守ってください。

決して自分だけが我慢すれば良いとの考えだけは、持つべきではありません。

あなたが痛手を負えば,あなたの知らないところで、あなたに関係する人にも迷惑がかかることがあるってことを知っておく必要があります。

また、この聖書の引用には続きがあります。

 

「過ちは人の常、許は神の業」(To err is human , to forgive divine .)

これは、私たちは今後も間違いを何度も犯す。

 

たとえ、過ちが人の常だとしても最善を尽くす方法がこの世に存在しているって事です。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    言葉以外のコミュニケーションを意識する理由

    コミュニケーションを取りたい相手は、千差万別です。性別からはじまり、年…

  2. 考え方

    ガス給湯器は追いだき機能が無いタイプがおすすめ

    浴槽回路を含むポンプ内は、常に浴槽の汚れた水で満たされていることになり…

  3. 考え方

    台風の報道でよく見る「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?

    「風速25mの暴風域」とは「時速90kmの暴風域」と換算できます。「時…

  4. 考え方

    サブリミナル効果って、今でも信じる人いるのかな?

    無意識に働きかけるメッセージの嘘「映画の上映中、コンマ数秒のコーラの写…

  5. 考え方

    意外に後悔する室外機の設置場所

    室外機は外に設置するので、施工時は案外気にならないものです。しかし、い…

  6. 考え方

    月までおよそ38万km。身近な物が月まで到達する距離になる

    答えは、約70万km地球と月の距離はおよそ38万kmなので、月をはるか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 思い出

    忠告のタイミングを完全に逃した散発屋さん
  2. 考え方

    ケチャップを加熱するとオレンジ色になる理由
  3. 方法、手法

    有料道路で降りるインターを間違えても無料でUターンできる方法
  4. 考え方

    温暖化で北極や南極の氷が溶けて海水面が上昇するなんてありえない!
  5. 思い出

    私が背負った十字架の重さ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。