考え方

牛乳を飲めば飲むほど、身体のカルシウムが減ってしまうのは本当なのか?

牛乳を、飲めば飲むほど、身体のカルシウムは減ってしまう

牛乳を飲むと身体のカルシウムが減少

カルシウムが豊富な牛乳を飲むと、身体のカルシウムが減少する。

善:「そんなぁわけないやろー、バカかぁー」

しず:「まるで、都市伝説かのようですね。」

善:「そんな、話は聞いたことないぞぉ。」

しず:「信じるか、信じないかは、ご自由に。」

善:「おまえが、牛乳を飲まない理由は、そうやったんか?なぁ!」

しず:「俺の場合は、「ラクターゼ」が消滅しているから、体が受け付けないだけ」

善:「ク・ラ・ゼ・・なっなんてっ!?」

しず:「出だしから、違うから、無理せんほうがいい」

善:「俺っ・・・毎日、水代わりに大量に牛乳を飲んでいるよ」

しず:「じゃぁ、この先の記事は、読まないほうがいいかもね」

善:「余計、気になるわ!」

牛乳にはカルシウムが、豊富に含まれていることは、間違いありません。

 

動物性食品は酸性

肉や乳製品などの動物性食品は、身体が酸性になる食品。

ちなみに、牛乳は動物性食品だから、飲めば飲むほど身体は、酸性になります。

 

人間の血液は弱アルカリ性(pH7.4)

酸性食品である、動物性食品を多く摂取すると、身体は、酸性に近づきます。

身体が酸性のままだと、いろんな不調の原因になり、疲れやすくなったりします。

人間の身体は、すごい調整機能がある。

血液を弱アルカリ性を維持しようとするので、骨から「カルシウム」をとって、弱アルカリ性に戻そうとします。

ならば、牛乳と同時にアルカリ性食品を摂取していれば、問題ないのかもしれません。

 

善:「豆乳はアルカリ性やから、牛乳に豆乳を混ぜればいいのかなぁ」

しず:「なんか、空耳が聞こえたような・・・?」

善:「でも、牛乳にカルシウムが入っているならプラスマイナスゼロとちがうか?」

しず:「すっするどい!あなたにしては、キレのいい指摘です!」

善:「あなたって言うな。それくらい、気付くっちゅうねん」

しず:「でも、おしいかったなぁ。牛乳に入ってるカルシウムは使うのが難しそう。」

善:「なんやねん!」

 

牛乳からのカルシウム摂取

牛乳には、「カゼイン」が含まれていて、カルシウムを凝固剤のようにしてしまっています。

それにより、牛乳に含まれるカルシウムは体内に吸収されにくくなっています。

さらに言うと、いくら牛乳を飲んでも、ビタミンDがなければ、カルシウムを吸収するは、まったく出来ません。

 

善:「そう言えば、昔おかんに、“牛乳は噛んで飲みなさい”言われた記憶がある。」

しず:「・・・」

善:「なんか、言えよ!」

 

大人に牛乳は必要?

そもそも、自然の哺乳類は、赤ちゃんのときしか、母乳を飲みません。

それは、それ以外の物が食べられないから。

赤ちゃんには、母乳を消化するためのラクターゼ(消化酵素)があります。

人間以外の哺乳類は、大人になれば、ラクターゼがなくなります。

なぜか、人間だけが、大人になってもこの消化酵素を持ち続けます。

私のように、このラクターゼが消滅する人も稀に居るようですが。

大人になり、なんでも食べられる大人が、ほかの動物の乳を飲むのは、あまりにも不自然。

 

牛乳を飲む人と飲まない人

発展途上国の方は、あまり牛乳を飲んでいません。

牛乳をたくさん消費するのは、先進国の人たち。

生活習慣病が多いのも先進国。

生活習慣病と牛乳を飲む習慣とは、なにか関係があるのでしょうか?

それは、牛乳がどのようにして生産されているかを調べれば何かがわかるのかもしれません。

 

 

牛乳の生産方法

牛乳は、どのようにして生産されているのでしょうか。

人間も同じですが、自然環境での母乳は、自分の子供を育てる期間だけ、出るようになっています。

だから乳牛は、産後のお母さんに限られるはず。

しかし、乳牛は自分の子供以上に、人間に大量供給しています。

とても、普通の飼育では、供給が追い付きそうにはありません。

自然の牛はなら、草を食べるのですが、乳牛の場合は、炭水化物を飼料として与えます。

中身は、とうもろこしが大半で、他には、麦やビタミンなどの化学的に配合された飼料となっています。

中には、抗生物質を注射されている牛もいるらしい。

これらの飼料は、自然の牛では、ほとんど食べることがないものばかり。

しかも、とうもろこしに至っては、遺伝子組み換えが、ほとんど。

育てやすく、便利な遺伝子組み換えのとうもろこしは、人間には与えないものの、間接的に口にしているのが現状。

こうして、栄養満点の飼料を与えた結果、乳牛は、妊娠中であっても牛乳が出るようになります。

さらに、産んだ子牛には、牛乳を与えずに人口ミルクを飲ませています。

牛の生涯は11年前後(人間なら30歳ほど)だといわれていますが、その間に10回近く妊娠させられる。

そして、子供を産めなくなった乳牛は、肉として売られる。

また、これらの牛は寿命を待たずに病死することも多い。

 

善:「かわいそーやないかぃ、俺、泣きそうやわぃ」

しず:「クイズ!」

善:「なんやねん、いきなり」

しず:「善ちゃんの大好物はなんでしょう!」

答えは、プロフィールに書いています。

善:「おまえ、ここでそんなこと言うかぁ。ひどい奴や」

 

まとめ

牛乳を飲むなら、アルカリ性食品とビタミンDを一緒に摂取すること。

でも、そこまでして牛乳を、飲む必要はないと思います。

自然界に存在しない製法で作った牛乳を、健康のためとか言っている時点で、違和感しかありません。

こういった情報は、業界の強い圧力により、決して公表されません。

今や、私のような個人がメディアを持っている時代になりました。

私たちは、個人の持っている小さな情報に着目し、数ある情報の中で、なにが正しいのかを、自分たちが判断して行動する必要があります。

 

善:「俺・・・、牛乳飲むの、やめるわ。」

しず:「いや、やめなくていいと思うよ。」

「そんなこと言ってたら、なにも食えないし、なにも飲めなくなるよ。」

 

 

この記事を読んで、善ちゃんのように考える人もいるかもしれません。

大切なことは、これだけ飲んでいれば大丈夫だとか、これは絶対にダメとか決めて、偏った食事になることが、一番よくない事。

牛乳さえ飲んでいればいいと考えて、毎日欠かさず飲むなんてバカげています。

そんな習慣は見直せばいいのではないでしょうか。

もしかすると、牛乳の消費が減ることで、自然に近い牛乳が、飲めるようになるのかもしれません。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    趣味の探し方と見つけ方

    「趣味」とは私の辞書で、調べてみると、このように書かれていました。「仕…

  2. 考え方

    カップ麺の消費期限は?

    暖かい時期の保存は賞味期限内であっても、短めにしておくほうがいいのでは…

  3. 考え方

    2年間使った枕の重さの10%はダニの重さ

    イギリスの研究機関の研究によると2年間使った枕の重さの3分の1はダニ・…

  4. 考え方

    洗濯機は、ドラム型と縦型ではどちらを選ぶべきか?

    実際にどうなのかトータルなコストを比較してみました。ご覧のとおり、ドラ…

  5. 考え方

    聞き流すだけで英語が話せるわけがない理由

    英会話が出来るようになるということは、発信と受信ができるってことになり…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 考え方

    犬のリードに黄色いリボンがあったら注意しないといけない理由
  2. 考え方

    ガソリンスタンドを上手に利用するコツ
  3. 方法、手法

    サイズが合わない靴でも捨てる必要はありません
  4. 方法、手法

    カニの足は、特別な道具がなくても綺麗に食べることができます!
  5. 方法、手法

    ポンプダウンとは
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。