考え方

専業主婦には休日がない

私が家事を手伝うことはない。

サラリーマンの休日

一般的なサラリーマンの休日日数を計算してみましょう。

仮に週休2日だと考えると…

365日(1年) ÷ 7日(1週間) = 52週

52週 × 2日 = 104日

それに祝日の16日を加えると…120日

さらに、有給休暇の20日を加えると…140日

そして、夏季、冬季の長期休暇を6日ほど加えます…146日

146日(休日) ÷ 365日(1年) = 0.4

なんと、40%は休日となるのです。

つまり、2.5日毎に1日休暇がある計算になります。

これを見ると、外で働いているからと言って、家事や子育て全般を専業主婦に押し付けるのは、考え方を改める必要がありそうです。

しかも、専業主婦には達成感が感じられにくいと言います。

休みなく仕事をこなしていても、あたりまえと思われている空気があったり、世間からの風当たりも厳しかったりします。

せめて、家族はこの現状を理解しておく必要があり、パートナーとして家事を率先して行う必要がありそうです。

 

家事労働の金銭的価値

主婦がしている家事労働は、社会的に金銭的に評価できるものです。

例えば、主婦が行っている家事労働を家政婦にお願いした場合、もちろん費用が発生しますので、当然な話です。

専業主婦が交通事故の被害者になった場合でも、休業損害を受け取ることができます。

例えば、自賠責基準・任意保険基準では日額を5,700円として受け取ることが出来ますし、主婦には休日がないため、全ての日数を請求することができます。

このことから、社会的に見ても、専業主婦の金銭的価値は、ちゃんと認められているわけです。

たまに、専業主婦の方がこの事実を知らないことで、損していることを聞いたことがあります。

 

パートナー

その家で生活しているなら、家事をするのは当たり前。

そもそも”手伝う”といった意識が間違えています。

だから手伝うのではなく、当たり前に家事をすることです。

だから、「ありがとう」と言ってもらえるのは当たり前のことではないのです。

料理でもそうですが、夫が出来ることは少ないし、かえって邪魔になることが多いです。

でも、出来るだけ一緒にするべきです。

妻が求めているのは、お手伝いをしてくれる人ではなく、パートナーです。

邪魔扱いしながらも、きっとうれしいはずです。

しかし、本当に邪魔になることも多いですから、「リビングで待っていて」と言われたら、素直に従うことです。

買い物でも一緒です、料理を作るのは妻だから、選ぶのも妻。

それなら、駐車場で待っている。

そんなことしていませんか?

スーパーの駐車場では、夫が車でスマホをさわって待機している姿をよく見かけます。

妻が求めているのはパートナーですから、一緒に居ることを求めているのです。

平日の買い物は、主婦は一人ですが、休日の買い物に主婦が一人というのは、非常につらいことだと知っておかなければいけません。

男は、ついつい効率を考えがちで、女性の非合理的な行動に付き合うことが苦痛な事もあります。

女の望みを叶えるのは男の務めです。

最後に

その家で生活している者が家事をするのは当たり前です。

得意なことと、不得意なことがそれぞれ違います。

得意なことや、出来ることは率先して実践することは当たり前のことであって、手伝うことではありません。

子育ても、同じです。

独りで子育てと仕事の両立をしている人なんて、珍しくもなんともありません。

仕事をしていることを言い訳に、家事を何もしないのは、私は常識から外れていると考えています。

休日の日数を見ると、外で仕事しているからと胸を張れる状況でもなさそうです。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

女性に好感の持たれる体臭を目指すための対策 前のページ

インターフォンは作動していますか?次のページ

関連記事

  1. 考え方

    お風呂の循環金具(風呂アダプター)の寿命

    構造的には、とてもシンプルで、故障するイメージがありません。メンテナン…

  2. 考え方

    小さなお子さんが嘘をつきだしたら

    『嘘つきは泥棒のはじまり』といった言葉があり、嘘は、罪人や悪人になるは…

  3. 考え方

    腹が立ったら横にしたらええ

    おばあちゃんの口癖むかし、おばあちゃんがまだ生きていた頃、誰かが「もう…

  4. 考え方

    工事中の様子は気になります

    凝視するユーザーがいますが、多くの人間は見られると緊張するもの。それは…

  5. 考え方

    プルタブ集めは昭和時代の文化、今は必要ないって話

    エコキャップ運動』(ペットボトルのキャップ)にくれべれば、採算性はあり…

  6. 考え方

    「チェイサー」は水ではない

    BARで、度数が強いお酒を注文すると、店員が「チェイサーはいかがなさい…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    やわらかい固体の水の作り方
  2. 方法、手法

    業者に任せず、自分でエアコンのクリーニングを行う方法!
  3. トレンド

    『Jアラート』5分後に着弾します!どうすりゃいいの?
  4. メモ

    Search Regexのエラーについて
  5. 方法、手法

    幸せになるための方法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。