考え方

考えさせられる話、そして真実と事実の違いとは

考えさせられる話、そして真実と事実の違いとは

環境は、自分次第

環境は、自分次第、人生も自分次第と教えてくれている寓話があります。

よく聞く物語ですが、知らない方はまず一読を・・・

ある町の入り口に一人の老人が座っていた。 そこに、よその町から一人の若者がやって来た。

若者は老人に尋ねた。「この町はどんな町ですか?… どんな人たちが住んでいますか?」

老人 「君はどんな町からやって来たのかね?」

若者 「僕がいた町は、利己的で悪賢い人が多かった。 安心して住めない、ひどい町でした」

老人 「この町も同じようなものじゃよ」

若者は疑いの目で老人を見ると、町に入っていった。

そして間もなく、老人が言ったとおりの町であることを知った。

 

そのしばらく後、別の若者がやって来て、老人に尋ねた。

「この町はどんな町ですか? どんな人たちが住んでいますか?」

「君はどんな町からやって来たのかね?」

僕がいた町は、やさしくて親切な人が多かった。 とても住みやすい、素敵な町でした」

「この町も同じようなものじゃよ」 若者は老人にお辞儀をすると、町に入っていった。

そして間もなく、老人が言ったとおりの町であることを知った。

ブッダ真理のことば第一章の第一

お釈迦さまのことば、ブッダ真理のことば第一章の第一でも次のように書かれています。

「ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によって作り出される。」

私たちはものごとをありのままには見ていません。

 

事実と真実の違い

しず:「なぁ、善ちゃん。いいかげん自白したらどう?今日のエアコン工事で事故あったやろ?」

善:「俺はエアコン工事中に電柱に顔面を思いっきり強打したりしてないよ。ちょっと、電柱に顔が触れただけ。」

しず:「どこが違うの?事故でしょ?お客さんからクレームなかったん?正直に話してもたぶんクレームにはならない事故だったと思うよ。」

善:「いちいち言わなくてもいいよ。俺が作業に集中しすぎてて、すぐ横にあった電柱の存在を忘れてて、振り返った瞬間、全力で電柱にキスしたところは誰にも見られてないし、誰にも言っていないから、俺が電柱に顔面を強打した事実は存在しないに等しい。だって、【エアコン工事してるおっさんが、電柱に思いっきり顔面を強打して鼻血だしながら、泣くのを我慢して作業を続けていた!】なんて話は、近所でもまったくでてこなかったやろ?」

しず:「そりゃぁそうやけど・・。そっ その顔みたら、誰でも何かがあったって気づくよ。ってか気付いているよ・・・たぶん。」

善:「俺が顔面を強打した時は、誰にも見つかっていないし、あの家には防犯カメラもないし、隣の家にも誰も居なかったから、俺が電柱に顔面を強打したことに気がつかない。・・・だから、俺が顔面を強打したなんて事実は、これから先も永遠に存在しない。」

でも、確か作業終了の報告に行ったとき、お客さんの顔がちょっと驚いていたっぽいような・・・?

しず:「確かに、今現在は俺と善ちゃん以外、誰も善ちゃんが顔面を強打したことを知らないから、【善ちゃんが顔面を強打して涙をこらえて鼻血を袖で拭いた】なんて事実は存在していないに等しい。」

でも、だからといって、このまま【顔面を強打した】事実が存在しないまま、時間だけが過ぎていくのは、なにかがおかしい気がする・・・?

 

事実と真実は違う

そうなんです、事実と真実は違うのです。

善ちゃんが【顔面を強打した】なんて事実は確かに存在していない。

新聞やTVやインターネットを見ても、そんなことはでてこないし、いろいろな人に聞いても答えは聞けないでしょう。

今、パソコンやスマホでこの記事を見ている方も、善ちゃんが【顔面を強打した】なんて事実は知らなかったわけだし。

だから、善ちゃんが【顔面を強打した】なんて事実は存在しなくても、善ちゃんが【顔面を強打した】という真実は存在します。

事実とは、多くの皆が認識しておる事柄のこと。

真実とは、多くの皆の認識とは関係なく、実際の本当の事柄のこと。

善:「なるほど。だから、俺が顔面を強打した事実はない。だって、日本中、世界中のほぼすべての人が「善ちゃんが電柱に顔面を強打して顔がめっちゃ腫れている!?そんな話は知らない。」と答えるから。つまり、日本中、世界中のほぼすべての人が【この事件を知らなくては存在していない】という認識だから。」

しず:「そういうことに・・・・・・なりますねぇ。でも、顔見たら誰でも気付くと思うけどなぁ」

しず:「でも、日本中、世界中のほぼすべての人の認識は関係なく、善ちゃんが顔面を強打した、実際の本当の事柄だから、真実なのです。」

私たちの日常の世界には、皆が認識している事実と、実際の真実が異なることが多々あるです。

これは一種の情報格差。

世の中の多くの人は、TVや新聞やネットや、身近な人からの口コミなどで、事実を知っているつもりになっているけど、真実を知らないことも多い。

一般人には、真実は伝えられていないこともある。

そして、事実や真実は、同じ事実や真実でも、人の視点によって異なります。

だから、TVニュースや人の口コミ、ネット上の情報を鵜呑みにしてはいけない。

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

関連記事

  1. 考え方

    Web記事をコピペされないよう(右クリック禁止)にする方法

    Wordpressのプラグインの新規追加で、「WP-Content C…

  2. 考え方

    ルームエアコンは本当にクリーニングで綺麗になるのだろうか

    費用対効果の面でエアコンのクリーニングはしなくても良いと判断出来るかも…

  3. 考え方

    時代を超える普遍的なメッセージ。ギリシャ神話から思うこと

    この神話を通して伝えたいこと大切な家族がこのような状況に遭遇したとき、…

  4. 考え方

    温暖化で北極や南極の氷が溶けて海水面が上昇するなんてありえない!

    南極の氷がすべて溶けたら、海水面が60メートル上昇するって偉い教授が言…

  5. 考え方

    スマホのガラスフィルムがすぐに割れる理由

    先ほども説明したように、硬度は「ひっかき硬度」とも言われ、ひっかき傷に…

  6. 考え方

    2年間使った枕の重さの10%はダニの重さ

    イギリスの研究機関の研究によると2年間使った枕の重さの3分の1はダニ・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 方法、手法

    サイズが合わない靴でも捨てる必要はありません
  2. 考え方

    エアコンの引越しは単独で依頼するべき
  3. 方法、手法

    ICAD/SX オペレーション(使い方)応用編
  4. 方法、手法

    値引きなどにも使える交渉ノウハウ
  5. 思い出

    エスキージャパンの採用面接で起きたエピソード1
PAGE TOP