考え方

毎年発表される平均年収と自分の年収を比べる必要はありません。

 

 

 

 

 

 

国税庁は公式サイトにて「民間給与実態統計」を毎年公開し、最新の年収事情を明かしています。

 

国税庁が調査を行う背景には、収入を統計的に把握することで租税負担の参考にしたいという思惑があるといわれています。

 

調査結果(平均年収)
平成25年 414万円 前年比1.4%増加
平成26年 415万円 前年比0.3%増加
平成27年 420万円 前年比1.3%増加

あなたも、ニュースでこのような数字を見て、自身の年収と比較して肩を落とすことはないでしょうか?

 

 

安心してください、国民の60%は平均年収以下です。

 

なぜなら、国税庁が発表しているのは平均値であって、中央値ではないからです。

年収の水準を調べるのに平均値では判らないと思いますね。

 

下図の赤い棒が平均値となりますので、平均より低い人の数が大部分を占めているのがわかりますね。

 

 

平均値と中央値でどう変わるかを説明します。

 

判りやすくするために日本国民を9人にして説明するのでご覧ください。

 

年収 月収
1人 280万円 23万円
2人 850万円 71万円
3人 260万円 22万円
4人 800万円 67万円
5人 300万円 25万円
6人 500万円 42万円
7人 320万円 27万円
8人 250万円 21万円
9人 230万円 19万円
平均値 421万円 35万円
中央値 300万円 25万円

これを民間給与実態統計結果として発表します。

平均年収 421万円

 

結果を見ても判るように、年収が421万円の国民はおらず、国民の67%が平均年収以下となっています。

なので、ほとんどの国民が自身の年収と比較したときに乖離があるのはこのためです。

 

これは、平均値で発表するので中央値で発表すれば違和感なく受けられることが出来ます。

 

例を中央値で見ると、平成29年 300万円

 

どうでしょうか、実際にはこの年収に近い人がほとんど占めているので納得感がありますよね。

では、なぜ国税庁に務めるような頭のいい方たちは平均値で発表するのでしょうか?

 

この調査の目的は“租税負担の参考”です。

もしかすると、税金を上げるための材料にしているのかもしれません。

 

たしかに、日本の借金を見ると火の車です。

増税したい気持ちもよくわかります。

 

民間の会社経営なら、すでに倒産しています。

会社経営の観点で考察すると、売り上げはコントロール出来ないが、出費はコントロール出来るのが鉄則です。

 

まずは、自分がコントロールできる出費を減らすことが簡単で即効性のある、立て直しといえます。

ほとんど活用されていない、大赤字の施設運営を見直すとかですね。

 

日本の国民は働きアリのようにまじめなので、リーダーシップを間違えなければ今からでも十分に立て直せる体力を持っています。

ただし、今のように売り上げを上げることしか考えが及ばないようであれば、近い将来破綻するのかも知れません。

 

ポートフェリオの分散(卵は同じ籠に入れるな)を考えると、日本円だけで貯蓄するのは危険と言えますね。

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

 

関連記事

  1. 考え方

    打ち水は効果なし!たとえ雨水だとしても意味がない理由

    打ち水への使用を止め、植物への水やりとして使用するのが、環境に一番やさ…

  2. 考え方

    ネズミ講やマルチ商法の違いと,その違法性について

    合法なビジネスモデルだとしても参加することはお勧めしないってことです。…

  3. 考え方

    普段の生活に1万歩を追加するとどうなるのか?

    半年以上続けた結果、なんと、犠牲にするものがなにもありませんでした。む…

  4. 考え方

    自動販売機に1円硬貨や5円硬貨が使える!?

    ガソリンの自販機で1円硬貨と5円硬貨が使えるのは、経営者側のメリットが…

  5. 考え方

    2年間使った枕の重さの10%はダニの重さ

    イギリスの研究機関の研究によると2年間使った枕の重さの3分の1はダニ・…

  6. 考え方

    台風の報道でよく見る「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?

    「風速25mの暴風域」とは「時速90kmの暴風域」と換算できます。「時…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. トレンド

    消費税の10%はいつから?
  2. 考え方

    あなたの欲求は何ですか? 欲求の果てにあるものとは
  3. 方法、手法

    ジェットコースターだって怖くなくなるよ!恐怖の克服方法
  4. 考え方

    エアコン工事のプロ達は、お掃除ロボット付のルームエアコンを選ばない
  5. 考え方

    手帳型スマホケースのマグネットには注意が必要
PAGE TOP