考え方

小さなお子さんが嘘をつきだしたら

小さなお子さんが嘘をつきだしたら

嘘つきは泥棒のはじまり

『嘘つきは泥棒のはじまり』といった言葉があり、嘘は、罪人や悪人になるはじまりだと考えられています。

ですから、嘘は大変いけない事だと捉え、嫌悪感(けんおかん)を持つ人も多いでしょう。

そして、小さなお子さんが嘘をつくようになったときなんて、親としてはきっと困惑すると思います。

こんな時、親としてお子さんにどうすればいいのか一緒に考えてみましょう。

 

 

正常な発達の証し

成長に伴って、嘘をつく目的を意識しだしたとすれば、それは正常な発達とも言えます。

まず、嘘をつくのは、すごく自然な事だと考えるべきだと私は思います。

それでも、親としてはお子さんの嘘をそのまま見過ごすわけにはいけません。

嘘には理由があり、なにかのメッセージであることが多いからです。

そのメッセージを親としては、いち早く捉える必要がありそうです。

 

 

なぜ嘘をつくのか?

自分のおもちゃを壊してしまったとき、「怒られる!」と思うことで、その恐怖から逃れるために、「自分が壊したのではない」と言ったりする場合。

これは、自分を守るための「嘘」と考えられます。

怒られてばかりいるお子さんは、怒る人を怖い存在だと思っている可能性があります。

「お腹が痛い」とか「気分が悪い」といった仮病の嘘を言ったりする場合。

さびしいから、もっとかまって欲しいといった意思表示の現れだったりします。

親が忙しく、なかなか面倒を見られていない場合、お子さんがさみしくなっている可能性があります。

友達とケンカしたり、いじめられたりするトラブルを隠すためにつく嘘の場合。

親に心配をかけたくないとの思いから、親を気遣う嘘と考えられます。

これらに共通しているすべての嘘には悪意はない。

そして、なにかしらの「メッセージが込められていることが多い」ってことです。

 

お子さんの言葉に耳を傾ける

親であれば、お子さんの嘘は一瞬でわかります。

それでも、最後まで話を聞いてみる必要がありそうです。

その場で嘘を暴くのではなく、嘘の理由を第一優先で考えることが重要になります。

そして、自分たちの言動や行動、そして、お子さんの環境を見直してみましょう。

お子さんが、繰り返し同じ嘘をつかないように、親もなにかの改善をする必要がありそうです。

 

 

嘘をつくことを放置してはいけない

嘘を聞いて、すぐに反応せずに、上記に書いたように環境や自分たちの言動を見直して、ひと呼吸置いてから、教えてあげてください。

「嘘をつくことは、人を傷つけたり、自分の信用をなくしてしまうもの」だと。

お子さんに、何度も嘘をつかせないように、自分たちの行動と環境を改善することが大切ですが、嘘が与える影響を親として教えてあげることも非常に重要だと考えます。

何度も嘘をついていると、だんだんと嘘をつくことが平気になり、嘘を隠すためにさらに大きな嘘をつくようになります。

この悪循環だけは避けたいものです。

 

この本は、この記事とは関係ありませんが、これから子育てをする方には読んでおいてほしいと思う本です。

たしか、昨日の記事でも紹介していました。

 

 

子どもは思った以上に見ている

良いことも、悪いことも、意外に見ています。

子どもだからって、油断してはいけません、「三つ子の魂百まで」といいます。

子どもだから、わからないだろうと思って、適当にあしらっていることも子供は理解していますので注意する必要があります。

親である私たちが、「疲れて怒りっぽくなっている」とか、「最近イライラしている」と感じたら、積極的に休息や気分転換を心がける必要がありそうです。

 

最後に

偉そうに、記事を書いていますが、これらは私自身が子育てをしていく中で、終わってみて気が付いたことが多い事です。

私自身も、これらを実践したわけではありません。

子育てを振り返って見た時、こうすれば良かったのかなぁって思った内容です。

これから、子育てを行う人の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 考え方

    自己肯定感を高めたいのに、それを邪魔してしまう習慣とは

    主体的な意図を持つことはとても大切ってこと。遠慮や謙遜をしないで、なん…

  2. 考え方

    インターフォンは作動していますか?

    インターフォンの故障は、案外気が付かないことが多いです。訪問者が大きな…

  3. 考え方

    「形容詞」を「動詞」に変換すると話し方に角が立たない

    「形容詞」には、感情が入るのに対して、「動詞」には、感情が入らない特徴…

  4. 考え方

    ロキソニンの副作用は大げさ

    小腸・大腸の狭窄・閉塞これ、わかりにくいのですが、簡単に言うと「腸閉塞…

  5. 考え方

    毎年発表される平均年収と自分の年収を比べる必要はない

    今のように売り上げを上げることしか考えが及ばないようであれば、近い将来…

  6. 考え方

    演算(えんざん)って何? 計算とはなにが違うの?

    演算と計算は目的が同じであることがわかります。「演算」は、数値を処理す…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    電車の定期券を安く購入する方法
  2. 考え方

    台風が接近!事前に私たちが備えることは?
  3. 考え方

    ハリウッド映画でありそうな惑星衝突が現実にあるかもしれない!
  4. 方法、手法

    AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート対応
  5. 思い出

    鉄の掟!男子が小学校でトイレの個室に入ると犯罪人になる。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。