メモ

大雪警報は全国統一なのでしょうか?


北海道の学校を想像していて・・・

私の住む兵庫県の南部では、「大雪警報」が発令されることは、ほとんどありません。もしも、大雪警報の基準が全国統一なら北海道の学校では、冬になるとほとんど学校へ行かなくても良くなりそう。
流石にそんなはずはないだろうと思いましたが、少し調べてみました。

警報発令は地域によって違う

警報や注意報の基準は、その気象により災害が発生するかもしれない場合に発令されます。
普段、雪が積もることの無い地域では、5センチ雪が積もっただけでも交通事故が多発し、歩く人も転倒する可能性が高くなりますが、冬になれば当然のように毎日雪が積もるような地域だと、それなりに対策が出来ていて慣れているから、10センチ雪が積もったとしても歩く人も転倒しにくいし、交通事故も雪が原因で多発することはありません。
つまり、災害が発生する状況は地域によって違うってこと。
これらを考慮して地域毎に基準を作っています。
そして、この基準も永遠に同じではなく、常に見直しがされています。

警報・注意報発表基準一覧

先ほども伝えたように、常に基準は見直されています。
最新情報は、気象庁のホームページを参照してください。お住まいの地域の基準を確認することができます。
警報・注意報発表基準一覧 ←リンク貼っています。
そして、きっかけとなった北海道兵庫県南部を比較してみます。

北海道の平地警報12時間降雪の深さ40cm
注意報12時間降雪の深さ20cm
兵庫県南部警報24時間降雪の深さ20cm
注意報24時間降雪の深さ10cm

警報・注意報共に4倍の差があります。

兵庫県南部警報24時間降雪の深さ20cm
注意報24時間降雪の深さ10cm
兵庫県北部警報24時間降雪の深さ60cm
注意報24時間降雪の深さ30cm

同じ県でも、地域によって、こんなに差がでることもあります。
兵庫県の場合、北部と南部で3倍の差があります。

さいごに

この基準をある程度把握していれば、警報が出そうなときは予測ができるかもしれません。
あくまでも、観測ポイントでの測定となりますので、自力で測定するのは難しいですが、参考にはなるかもしれません。
今回調べて思ったことは、私たちは天気予報に頼りすぎて、このような単純な基準でさえも意外に知らないってことでした。
今回は、大雪に着目して記事を書きましたが、同じように大雨などでも地域によって違いますので一度確認しておくといいのではないでしょうか。


follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

バイクにスクリーンと屋根があると快適な理由前のページ

ヤフオクで過去の落札分を表示させる方法次のページ

関連記事

  1. メモ

    車検の有効期限を過ぎた車の車検について

    車検には、「継続検査」以外に「新規検査」というのがあります。車検切れの…

  2. メモ

    ペットにとって毒になる観葉植物の種類とは

    一般的に良く毒性が指摘されている「ポインセチア」をピックアップしていな…

  3. メモ

    不動産の譲渡に伴う名義変更を行った備忘録

    調べてみると、司法書士などにお願いしなくても自分で出来そうだったのでや…

  4. メモ

    このHP立ち上げるまでの備忘録

    これは、現在のホームページを作成していく動機や方法を備忘禄…

  5. メモ

    昭和時代には、ほんとうにあった、今ではすごいと思う物

    昭和時代を語る上ではどうしても切り離せないと考えました。私は、これを見…

  6. メモ

    裏メニューのメモ帳

    チェーン店の裏メニューを紹介します。個人的なメモの部分もありますので、…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 考え方

    地球温暖化は悪くない
  2. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 後半
  3. 考え方

    エアコンを6月初旬の涼しい時期に試運転するべき理由
  4. 考え方

    手帳型スマホケースのマグネットには注意
  5. 方法、手法

    炊飯器が壊れてしまった時でも、簡単にご飯は炊けます。
PAGE TOP