メモ

大雪警報は全国統一なのでしょうか?


 

北海道の学校を想像していて・・・

私の住む兵庫県の南部では、「大雪警報」が発令されることは、ほとんどありません。

もしも、大雪警報の基準が全国統一なら北海道の学校では、冬になるとほとんど学校へ行かなくても良くなりそう。

流石にそんなはずはないだろうと思いましたが、少し調べてみました。

警報発令は地域によって違う

警報や注意報の基準は、その気象により災害が発生するかもしれない場合に発令されます。

普段、雪が積もることの無い地域では、5センチ雪が積もっただけでも交通事故が多発し、歩く人も転倒する可能性が高くなりますが、冬になれば当然のように毎日雪が積もるような地域だと、それなりに対策が出来ていて慣れているから、10センチ雪が積もったとしても歩く人も転倒しにくいし、交通事故も雪が原因で多発することはありません。

つまり、災害が発生する状況は地域によって違うってこと。

これらを考慮して地域毎に基準を作っています。

そして、この基準も永遠に同じではなく、常に見直しがされています。

警報・注意報発表基準一覧

先ほども伝えたように、常に基準は見直されています。

最新情報は、気象庁のホームページを参照してください。お住まいの地域の基準を確認することができます。

警報・注意報発表基準一覧 ←リンク貼っています。

そして、きっかけとなった北海道兵庫県南部を比較してみます。

北海道の平地警報12時間降雪の深さ40cm
注意報12時間降雪の深さ20cm
兵庫県南部警報24時間降雪の深さ20cm
注意報24時間降雪の深さ10cm

警報・注意報共に4倍の差があります。

兵庫県南部警報24時間降雪の深さ20cm
注意報24時間降雪の深さ10cm
兵庫県北部警報24時間降雪の深さ60cm
注意報24時間降雪の深さ30cm

同じ県でも、地域によって、こんなに差がでることもあります。

兵庫県の場合、北部と南部で3倍の差があります。

さいごに

この基準をある程度把握していれば、警報が出そうなときは予測ができるかもしれません。

あくまでも、観測ポイントでの測定となりますので、自力で測定するのは難しいですが、参考にはなるかもしれません。

今回調べて思ったことは、私たちは天気予報に頼りすぎて、このような単純な基準でさえも意外に知らないってことでした。

今回は、大雪に着目して記事を書きましたが、同じように大雨などでも地域によって違いますので一度確認しておくといいのではないでしょうか。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. メモ

    くしゃみにまつわる噂と、その真相!

    くしゃみ1回で4キロカロリーのエネルギーを消費します。これは、ちょうど…

  2. メモ

    サラリーマンの副業が会社にばれる理由

    会社に副業がばれる理由がわかれば、ばれない対策も出来ま…

  3. メモ

    裏メニューのメモ帳

    チェーン店の裏メニューを紹介します。個人的なメモの部分もありますので、…

  4. メモ

    タイの人なら100%所持している「ヤードム」とは

    タイなら、100%ぐらいの確率で「ヤードム」は所持していると言います。…

  5. メモ

    ペットにとって毒になる観葉植物の種類とは

    一般的に良く毒性が指摘されている「ポインセチア」をピックアップしていな…

  6. メモ

    WordPressの新エディターについて

    WordPress Ver.5.0にアップデートした場合、WordPr…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    ボールペンの保管方法
  2. 方法、手法

    表示されたメッセージの対処方法を調べるには
  3. トレンド

    消費税の10%はいつから?
  4. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 冷輻射編
  5. 考え方

    悪意のあるコメントを書かれた時の対処方法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。