考え方

世界中がずっこける『Yes We Can』

世界中がずっこける『Yes We Can』

Yes We Can

「Yes We Can」の訳は、「私たちなら出来る」です。

これは、元アメリカ大統領のオバマさんの名言でした。

大統領選挙の演説中には、何度も使われたフレーズで、当時のアメリカ国民以外にも、世界中の人に希望を与えそうな力強い言葉でした。

「Yes We Can」は「イエス・ウィ・キャン」と発音しています。

こういった、大切な言葉は、省略することなく、はっきりと強く発音します。

 

2種類の発音記号

英単語を辞書で調べてみると、必ず2種類の発音記号が書いてあります。

それは、「強形」と「弱形」の2種類です。

例えば、「Can」を調べてみると…

強形: k`æn

弱形: k(ə)n;

と書いています。

これは、「Can」だけではなく、すべての単語に2種類の読み方がありますので、試しに調べてみてください。

「Can」の強形の読み方は「キャン」と発音し、弱形の読み方は「」と発音します。

 

意外に多い弱形の発音

私たちは、英単語を「強形」で覚えることが多いですが、「強形」は強調したいときだけに使われる発音なので、実は、普段の英会話では「弱形」もよく使われます。

どちらも間違いではないのですが、「弱形」の発音を知らないと、聞き取れない英文がありますので、英会話を勉強したいなら、「弱形」の発音も知っておく必要があります。

 

まとめ

強く協調しないといけない場面で、普段よく使う「弱形」を使ってしまうとどうなるか想像してみましょう。

オバマさんが選挙演説で、「エス・ィ・キャン」といい、人々の心に強い印象を与えました。

これは、まさに「強形」を使った成功例の代表ですが、もしも、これを「弱形」で言うとどうなるのか。

エス・ィ・

となり、この瞬間、世界中の人たちがずっこけることになります。

和訳にすると「私たちなら出来そう」みないた。

そして、オバマ大統領は誕生しなかったかもしれません。

英語の発音には、「強形」と「弱形」があり、英会話を習得するなら、どちらも知っておく必要がありそうです。

関連記事:英単語の覚え方・和訳より意味が大切

関連記事:英単語と英熟語の覚え方

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

 

平成の次の元号を予測してみました前のページ

英語の発音が難しいと感じる理由次のページ

関連記事

  1. 考え方

    受託と請負の違い

    請負(うけおい)とは、受託(じゅたく)に含まれるものですが、契約の内容…

  2. 考え方

    エアコンの室内機が傾いているように見えるのはなぜか

    エアコン工事が終わり、室内機を凝視すると、気が付く人がいるかも知れませ…

  3. 考え方

    洗濯機はカビの製造工場みたいなもの

    洗濯機はカビが爆発的に増えるすべての条件を満たしてしまっていることが多…

  4. 考え方

    地球温暖化は悪くない

    気象庁の、気温上昇予測によると、年間平均で3℃あまり気温が上がり、10…

  5. 考え方

    専業主婦には休日がない

    その家で生活している者が家事をするのは当たり前です。出来ることは率先し…

  6. 考え方

    ナメクジに砂糖をかけると死ぬ!

    費用対効果が悪すぎます。私の場合は、ビールをほとんど飲まないので、この…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    あなたの鼻毛は大丈夫ですか?
  2. 思い出

    レストランのアルバイト経験から私が学んだもの 前半
  3. メモ

    Excelで新元号に対応させる方法
  4. 方法、手法

    【悪用禁止】嘘(ウソ)を見抜く方法
  5. トレンド

    詐欺ハガキ
PAGE TOP