方法、手法

絶対に得をする礼儀作法

絶対に得をする礼儀作法

見た目を凌駕(りょうが)する礼儀

善ちゃんと二人で、サイゼリアで裏メニューを注文しながら打合せをしていた時でした。

普段の私たちは、あえてザワザワしたお店で打合せすることが多いものです。

気にせず、大きな声で話が出来るし、飲み物や食べ物も好きなだけ食べることができるので、私たちはこの雰囲気が好き。

静かな事務所では、最終の詰めしか行いません。

私がドリンクバーに飲み物をお代りに行った時、茶髪のチャラい服装をした少年たちがドリンクバーを占領していました。

そのうちの一人が、私が待っていることに気が付き、一歩下がって、「どうぞ、お使いください」とドリンクバーの一部を空けてくれました。

その少年たちは、悪意があったわけではなく、ただ気が付いていなかっただけのようでした。

ただ、1人だけですが、私に気が付いて、とても姿勢よく、丁寧に対応してくれたのがとても好印象でした。

私は、「自分たちが終わるまで待ってるからいいよ。」と言いました。

すると、すぐに「もう終わりましたので、どうぞ」と言ってくれました。

明らかにまだ途中だったのに、すぐに譲ってくれました。

この印象のいい少年がいなかったら、私はどんな対応をしていたのか・・・

私は、おとなしく見られますが、絶対に引き下がることをしない性格ですから、絶対に何か言っていたはず。

このように、姿勢よく丁寧に人に接することは、自分が同じように接してもらえることが多いです。

相手は、自分の鏡

私は席に戻って、善ちゃんと打ち合わせの続きの話をしていたところ、隣の席に居た小学校ぐらいの子が、店員に声を掛けました。

 

子:「トイレどこ!」

すこし不愛想に、しかも偉そうに言いました。

店員:「あぁ、あそこに看板見えるよね…わかりましたか?」

すこし時間をおいて、同じ店員が、ちがう子供から同じように声を掛けられました。

子:「すいませんが、トイレがどこにあるのか、教えてもらえないでしょうか?」

姿勢もよくて、言葉もとても丁寧な言い方をしました。

店員:「承知しました、案内致しますのでこちらへどうぞ」

あきらかに対応が違います。

これは、本当にあった話。

このように、親切な人に出会えるかどうかは、自分の行い次第。

まさに、「相手は、自分の鏡」そのもの。

もしも、自分が不親切な人によく出会うと感じているなら、自分の姿勢や態度を見つめ直した方がいいのかもしれません。

 

トップセールスマン

トップセールスマンに共通している点は、姿勢がよく、言葉遣いが丁寧で、きちんとした礼儀作法が身についていること。

そして、その人たちは、こう言います。

「私は、運がいいだけです。たまたま、良いお客さんとよく出会うだけです」

今までの話の流れから、なぜトップセールスマンが良いお客さんにばかり出会えるのかは、お分かりだと思います。

運も実力のうちと言うのは、こういった話からかも知れません。

基本的な礼儀作法

 

人の家にお邪魔する時

個人宅へお邪魔するならジャスト(丁度)の時間に伺います。

企業へ伺う時は、5~10分前が良いです。

会ったときの一番初めに、帰る時間を伝えておきます。

お客さんを迎える家の人は、すごく神経を使います。

あらかじめ滞在時間を聞いていれば、そのスケジュールで何が出来るか、何をするべきか、が分かるから安心します。

滞在時間が短いなら、玄関で話をするようにします。

家に上がるときは、靴をお客さんの方を向いた状態で脱ぎます。

その後で、「お邪魔します」と声を掛け、玄関を振り返り、完全に座ります。

そして、その状態で、自分の靴をそろえます。

よく見かけるのが、揃えながら後ろを向いて靴を脱ぐ人がいますが、これはマナー違反。

絶対に、お邪魔する家の人にお尻を見せてはいけません。

 

両手で

名刺やボールペンなど、なにかを手渡すときには必ず両手で渡します。

明らかに小さなものであっても、これは絶対。

持っていない手も、可能な限り、どこかに添えてください。

お酌をするときも、両手を使うのと同じ要領です。

レジで、お釣りを渡すときも同じ。

まるで印象が違いますので、お試しください。

 

声を掛けられたら

自分の行動を一時停止して、声をかけられた人を見て、返事します。

自分が座っているときに、上司や先輩が声を掛けてきたときは、立ち上がって返事をしてください。

そして、出来る限り相手の調子に合わせて、受け答えすることが望ましい。

調子とは、声の音や、スピードのことです。
 

 

まとめ

一番初めに紹介した茶髪の少年を見ても判りますが、礼儀作法がきちんと身についていれば、身なりが多少ダメであっても、大きくカバーすることができます。

私は、幼少時代、貧困だったこともあり、身なりが非常に粗悪でした。

貧困を通り過ぎて、餓死寸前だったこともあり、誰かに助けてもらわなければ、死んでいたかもしれません。

そんな状況だったので、子供なりに必死。

よく通っていた、図書館の館長から礼儀作法を教えてもらいました。

子どもの私には、出来ることがものすごく限られていたので、かなり救われた記憶があります。

嫌な相手に出会った時ほど、自分の態度に問題はなかったのか自問しています。

きちんとした礼儀作法が身についていると、本当に得をすることが多いですので、みなさんにも是非おすすめしたいと思って記事にしました。

 

礼儀作法アラカルト ← 追加で礼儀作法の記事を書きました。

 

 

 

 

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

 

関連記事

  1. 方法、手法

    スマホの便利な機能 パート1

    はじめに紹介する機能は、iPhoneとAndroid関係なく活用できる…

  2. 方法、手法

    米国特許庁から特許公報・公開公報を参照する方法

    米国特許庁のホームページでは、1976年1月以降の特許公報のデータと、…

  3. 方法、手法

    プレゼンのコツ

    誰だって、スティーブ・ジョブズのようにプレゼンできたらすばらしいと思い…

  4. 方法、手法

    速さ・時間・距離の公式

    速さ(km/h) = 距離(km) ÷ 時間(h)時間(h) = 距離…

  5. 方法、手法

    車のオイル交換は、上抜きと下抜きでは、どちらが良いのか?

    上抜きと下抜きでは、それぞれにメリットとデメリットがありましたね。総合…

  6. 方法、手法

    ゴキブリによる住居不法侵入事件 第5回

    ホウ酸水を、霧吹きスプレーに入れて、気になるところに、「シュッシュ」し…




役に立つ記事

気になる記事

笑える記事

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    英単語と英熟語の覚え方
  2. トレンド

    ビットコインの歴史と流通する理由
  3. 方法、手法

    エアコンに頼らず、家を涼しくする方法 輻射熱退治編
  4. メモ

    車検の有効期限を過ぎた車の車検について
  5. 考え方

    アメンボから連想する大きな水たまりの話
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。