考え方

ハリウッド映画でありそうな惑星衝突が現実にあるかもしれない!

頭に直撃

釣りをする人なら、わかるのですが、投げ釣りの仕掛けに使うオモリが頭に直撃する珍事件が発生しました。

海に沈むテトラポットが並ぶ、すぐ横の道をスーパーカブでのんきに走行している時でした。

ちょうど信号が黄色になったので、すぐに停止してボーっと信号が変わるのを待っていました。

 

「カーン!」

 

「え、なに?」

 

ヘルメットに何か硬い物が、すごい勢いで当たりました。

ちょうど、信号待ちをしていたところだったので、何が当たったのか見て見ると、ハリスの付いたオモリです。

海辺を見て見ると、犯人らしき人物を発見しました。

 

「くっそー、むかつく!」

 

私はバイクだったのですぐに近くに行くことが出来ました。

そして、平常心を装って話しかけてみました。

 

しず:「おっちゃん、さっき、なにかなくした?」

おっちゃん:「えっ、いいや?…なんで、どうしたんや急に?」

しず:「いやー、これがね」

そう言いながら、オモリを見せる。

 

おっちゃん:「もっもしかして、当たったんか?当たったんやったら、ごめん!」

しず:「頭に直撃、ほら(ヘルメットを見せる)」

 

おっちゃん:「うわー、ほんまや!弁償するわ、どうしよー。」

ものすごく、申し訳なさそうな表情を見て、「まぁいいか」って思いました。

 

しず:「別に文句言いに来たんじゃないから(嘘)、はい、オモリ。」

おっちゃん:「わざわざ、届けてくれたん?」

しず:「もう気にしなくていいから…で、よく釣れるのここ?」

おっちゃん:「あまりライバルがおれへんねん、穴場やねん、ここ。」

しず:「僕も釣りをするから、興味があってね。仲間ですよ、な・か・ま!」

おっちゃん:「ほたら、にいちゃん、今から帰るだけか?」

しず:「まぁね。」

人には親切にするものです、大量のワカメとタコを頂きました。

本当は、メルメットが傷付いたから、文句を言いたかったけど、人柄が良さそうなおっちゃんだったので、それ以上言う必要ないなぁと思って、結局文句は言いませんでした。

まぁ、いい釣りポイントを見つけたし、また出会うかもしれないから良しとします。

「人の縁は大切にしろ」と昔の私のメンターに言われたことがありましたから。

 

カーポートの屋根に石ころ

我が家のカーポートの屋根は、遮熱仕様とは言え、ポリカーなので半透明です。

ですから、屋根に何かが乗っていたらすぐにわかります。

ニャン子が寝ていてもなんとも思いませんが、石が乗っていたりすると結構不愉快です。

この間も、まぁまぁ大きめの石が乗ってあるのを見つけで、「ムッ!」としていたら、息子が「隕石じゃないの?」と言う。

「なバカなぁ」

そう思っていましたが、よくよく考えると、あっても不思議ではないかもって思いました。

つい最近「なバカなぁ」と思うようなことを体験したばかりです。(オモリ直撃事件)

たぶん、これは近所のクソガキが犯人だと思いましたが、隕石って可能性も否定できません。

ハリウッド映画で見るような、馬鹿でかい隕石ではないとしても、小さな隕石なら、結構堕ちて来ているのではないかと思って、調べました。

 

気になる論文

国際天文学誌アストロノミー&アストロフィジックス(Astronomy and Astrophysics)のウェブサイトに掲載されていた、ある記事(論文)がとても気になりました。

チェコ科学アカデミー(Czech Academy of Sciences)の天文学者チームは2017年6月6日、おうし座流星群に関する研究結果を発表。

その内容は、「おうし座流星群」として知られる流星群の小惑星が地球に衝突する危険性が高まっているとの研究結果でした。

おうし座流星群のうち大気中で爆発する大型の流星144個を分析し、そこで直径200~300メートルの小惑星を少なくとも2個含む新たな分枝を発見した。

集団で太陽を周回している天体で構成されるこの新発見の分枝は、数年に1回の間隔で約3週間にわたり地球と遭遇する。

そのため、この3週間の間、(直径数十メートル級の)より大型の天体との衝突確率が非常に高くなる。

これらの小惑星は非常にもろく壊れやすいが、これほどの大きさがある場合では、地球大気の深部にまで到達して、実際に地球と衝突する可能性も考えられるとしている。

局地的もしくは大陸全体に及ぶ大災害を引き起こす恐れのある、この大型の危険な天体(PHO)に関するより詳細な情報を得るためにはさらなる研究が必要。

国際天文学誌アストロノミー&アストロフィジックス(Astronomy and Astrophysics)のウェブサイトで、原文の論文を入手できます。

おうし座流星群の出現期間は毎年10月下旬-11月中旬で、11月上旬

参考記事:流星群の出現日を日時で掲載!

この手の研究は、研究を継続するために大げさなことを言って、研究費を水増ししようとしているのかもしれませんが、本当に可能性があるとすると、すごく気になる内容です。

 

 

follow us in feedly

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング

そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    台風の報道でよく見る「風速25m以上の暴風域」ってどんな感じ?

    「風速25mの暴風域」とは「時速90kmの暴風域」と換算できます。「時…

  2. 考え方

    ミネラルウォーターは必要ない

    人間の生活に水は欠かせない今回は、飲料水の安全性につい…

  3. 考え方

    カリスマ的な力がなくてもリーダーシップは発揮できる

    リーダーシップとは、カリスマ的な力で人をぐいぐい引っ張っていくような、…

  4. 考え方

    お風呂の循環金具(風呂アダプター)の寿命

    構造的には、とてもシンプルで、故障するイメージがありません。メンテナン…

  5. 考え方

    ヤクルトを1ダース全部、一気飲みする?

    たった65mlヤクルトの容量は、たった65mlしかあり…

  6. 考え方

    「チェイサー」は水ではない

    BARで、度数が強いお酒を注文すると、店員が「チェイサーはいかがなさい…

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

follow us in feedly
  1. 方法、手法

    レンズから静電気を除去してほこりが付かないようにするには
  2. 考え方

    あなたも知らない間に仮想通貨を使っている
  3. 方法、手法

    ゴキブリによる住居不法侵入事件 第3回
  4. 方法、手法

    冬のバイク生活に必要なグリップヒーターの自作
  5. 思い出

    私がはじめて飼うことになった憧れのペット
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。