思い出

利害関係のある人間に相談してはいけない

利害関係のある人間に相談してはいけない

 

 

 

 

 

 

ケース1:車で自爆事故

私自身が実際に起こした事故の例

車を運転中、道路にネコちゃんが飛び出してきました。

 

慌てて、ブレーキを踏みましたが、止まれる距離ではありません。

対向車もあったので、右に避けることもできません。

 

左側を見ると、自転車や歩行者も居なかったため、とっさにハンドルを左に回しました。

左側には、金網フェンスがあり、車は勢いよくそのフェンスにぶつかりながら停止しました。

 

飛び出したネコはというと、気が付くとその場にはいませんでした。

跳ねた後もなかったようなので、どうやら無事のようです。

 

これで、ネコちゃんがぺったんこになっていたら、私はなんのために、自分の車を犠牲にしたのかわかりませんからね、「ホッ」としました。

しかし、愛車の左側面は無残な傷跡を残しています。

 

その車は、中古車で購入してから5年経過していた軽自動車で、すでに7年目の車です。

私には、車の修理を専門に生業とした友人と、中古車の販売を専門に生業とした友人がいました。

 

この場合の鉄則は、『利害関係のある人間には相談しない』です。

ですから、先に相談する相手は、この友人たちであってはいけません。

 

なぜなら、彼らに相談したところで、答えは決まっているからです。

だいたい想像できていると思いますが、一応説明しておきます。

 

車の修理を専門に生業とした友人に相談

最小限の修理費で治すことを第一優先で考えて結論を出すことでしょう。

 

 

中古車の販売を専門に生業とした友人に相談

おおよその修理代金を計算してから、現在の車の価値を考えて、新たな中古車を提案してくれるでしょう。

 

どちらも、友人ですので、そんなに悪い提案はしてこないはずです。

しかし、2人とも友人ですので、両方に相談すると、どちらかの提案を断る必要があります。

 

こんなときは、『利害関係のある人間には相談しない』です。

ですから、それらの友人とは関係のない第3者の友人に相談するのが望ましいと言えます。

 

もちろん、それなりに車の知識を持った人間を選ぶ必要があります。

適当な知人がいない場合は、修理も販売も行っているくるま屋さんに行けばいいと思います。

 

この場合、第3者のアドバイスを伺って、例えば、買い替えると自分で答えが出たなら、販売を生業とした友人に相談することです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ケース2:好きな異性がいた場合 パート1

あえて経験者は伏せておきますが、このブログで登場する人間は非常に限られているので想像できる人は多いのかもしれません。

 

善:「おまえ、それって、ほぼ言っているのと同じじゃないのか?」

しず:「なんか空耳が聞こえたような気が・・・・」

 

彼の同じ職場に、気になる女性が居ました。

その女性はとても明るく、誰にでも愛想がよかったので、そのハニートラップにひっかかる男性は多かったのかもしれません。

 

彼は真っ先に、私に相談してきました。

彼の初動は、完璧です。

まさに鉄則である、『利害関係のある人間には相談しない』を実行できていました。

 

だって、私はその女性とはほとんど面識もないし、友人である彼の好きになった女性になにかをするはずがないからです。

私は、「このことは俺以外の職場の人間には相談しない事と、一刻も早く告白すること!」とアドバイスしました。

 

しかし、彼は、どうしようもない気持ちを抑えることができず、職場の同僚に相談してしまいました。

職場の同僚からのアドバイスは「慎重に告白のタイミングを見極めるべき!振られたら職場に居ずらくなるよ。」

 

彼は気が付いていませんでしたが、その同僚もまた、その女性の事を好きになっていたことを・・・。

相談された同僚は、善ちゃんに先を越されないようにするためにすぐに告白しました。

 

結果的に、その職場の同僚がその女性と付き合うことになっていました。

そう、彼の相談が、職場の同僚が告白するきっかけになってしまったのです。

 

 

 

 

 

 

ケース3:好きな異性がいた場合パート2

彼は職場を移動しましたが、パート1に続いて、同じように好きな女性に出会ったようです。

次こそは!

 

と思いつつ、彼は違う行動をとったつもりでしたが、同じような行動をとりました。

今回彼が相談した相手は、ものすごく年上の上司でした。

 

彼も、まさかこんなおっさんに横取りされるはずがないと思い、今回は私にも相談することなく、真っ先に上司に相談していました。

結果的に、彼女と上司が付き合うことになり、彼は人間不信に陥ってしまいました。

 

善:「ケース3って、だいぶ省略したな!」

しず:「だって、ほとんど同じやから。」

 

 

 

 

 

 

ケース3:好きな異性がいた場合パート3

 

善:「パート3まであるのか!俺、ドキドキするからもういいよ。」

しず:「最後は、善ちゃんの成功例??の部分もあるから安心して。」

 

善ちゃんには、とても縁のある気になる女性が居ました。

海外旅行へ行ったとき、飛行機の座席で偶然となりにその女性が座っていたり、海外に行った時のおみやげ屋でも何度も再会したり、その数か月後に異動になった職場に、偶然その女性が在籍していたり、なにかと縁のある女性がおりました。

 

本人たちも内心では惹かれあっていたのですが、どちらも恋愛にはうとく、それ以上は発展することがありませんでした。

忘年会の席で、善ちゃんの後輩が、みんなの前でいきなり、その彼女へ告白しました。

 

思わず、善ちゃんが「ちょっと待ったー!」となり、めでたくこの女性と結ばれることになりました。

後輩の行動は、相談ではありませんでしたが、利害関係のある人間の前で告白したことが敗因でした。

 

 

 

まとめ

この記事で伝えたいことは、なにかを相談する時は、相談相手を間違えてはいけないってことです。

鉄則である、『利害関係のある人間には相談しない』をよーく、考えて相談しないと、あなたにとって非常に不利なアドバイスをされる結果となります。

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 思い出

    ラーメン屋パニック

    ラーメン屋でカレーを食べる…

  2. 思い出

    ルームエアコンの室外機は危険がいっぱい

    すこしでも異変を感じたならすぐ、車に帰還です。ふたたび、ゴーストバスタ…

  3. 思い出

    心が折れた瞬間 二輪整備編

    マフラーのエキゾート部がばっさり割れて離れていました!一体何がどうなっ…

  4. 思い出

    私がはじめて飼うことになった憧れのペット

    金魚は賢かったコンビーフは生きていないとわかったらしく、金魚は一口も食…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 考え方

    牛乳を、飲めば飲むほど、身体のカルシウムは減ってしまうのは、本当か?
  2. 方法、手法

    バイクのライトが暗いと感じたら、どうすればいい?
  3. 方法、手法

    保冷剤の保冷以外の使い方
  4. 思い出

    株式会社ノーリツと私の出会い
  5. 方法、手法

    トイレが詰まったらどうするのか?(゚д゚)!
PAGE TOP