考え方

冷え性の原因は、エアコンの冷房なのか?

冷え性の原因は、エアコンの冷房なのか?

 

 

 

 

 

 

 

エアコンの冷房運転が原因で、冷え性になる

 

確かに、エアコンの冷房は自然にはない、冷たい空気が送風されますので、これが冷え性の原因と言われると、なるほど「ピン」ときます。

 

はたして、こんな単純に結論を出してもいいのでしょうか。

真の原因は、これだけなのでしょうか。

 

 

エアコンの設定温度

夏のエアコンは、本当に快適です。

しかし、いくら快適だからって、設定温度を下げ過ぎるのは、いけません。

 

「電気代なんて気にしないもんねー」なんて言いながら、設定温度を26℃以下にしている人は、ほんとに要注意です。

出来れば、最低でも27℃以上の設定温度で使ってほしいものです。

 

私は、レストランやショッピングセンターの設定温度には疑問があります。

従業員たちは、一生懸命働いているので、暑いのは分かります。

ちなみに、温度設定を行うのも、従業員ですね。

どうりで、お客さんは寒いはずです。

 

 

エアコンの冷え方

簡単な物理的です。どうしても温かい空気が上に行き、冷たい空気が下に行きます。

エアコンの冷房を使用すると、上半身は温かくても下半身は冷えるようになっています。

 

 

冷え性の原因

このエアコンの冷え方の特徴から、手先、足先の冷え性をつくる原因と言われますが、こんなものは、ささいな原因にしか過ぎません。

もっと、根本的な原因を見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

自律神経のはたらき

自律神経は集中状態とリラックス状態を司る神経で、血流や体調の維持にも大きく関係しています。

体調を維持する機能には「体温を調節する機能」があります。

暑い時は汗をかいて、気化熱で体を冷やそうとします。

寒い時はプルプルと筋肉を震わせて、熱を作って体を温めようとします。

 

 

エアコンなどの空調で、快適すぎる温度環境に居ることが多いと、自律神経はなにもしなくていいので、なまけものになって弱ってきます。

歩くことが少なくなれば、足の筋肉が弱くなるのを想像していただければわかりますが、人間の体は、使う必要がなくなった機能は、弱くなります。

弱くなるとは、退化すること。

つまり、「いざ使わないといけない時に、使えないものになってしまう」ってことです。

ここまでの話で、だんだんと気が付いてきた方もいると思いますが、自律神経を怠けさせすぎると、冷え性以外にも、いろんな不調が出そうな気がしてきませんか?

 

 

自律神経を改善

自律神経を適度に働かせないと、冷え性以外にもいろんな不具合が出そうです。

自律神経を改善するには、エアコンに頼りすぎる生活を変えないといけません。

仕事場や、スーパーなどの店舗など、自分ではコントロール出来ない空調がありますが、これは、気軽に一枚重ね着できる上着などを持つようにすればいいでしょう。

 

 

自宅など、空調を自分でコントロールできる場所では、エアコンの設定温度を冷房なら28~29℃設定、暖房なら19~20℃設定をこころがけましょう。

共同で生活している家族と、よく話し合ってからでないと、設定温度については難しい問題ではありますが。

アドバイスとしては、部屋の温度全体を調整するのではなく、体の一部を冷やしたり温めたりすることで対策することをお勧めします。

夏なら、扇風機、足水、濡らしたタオルで体を拭くなど。

冬なら、こたつ、湯たんぽ、ひざ掛けなど。

 

 

 

 

特に子供は要注意

子供が居る家庭では、特にエアコンの使いすぎにご注意が必要です。

(乳幼児のいる家庭は無理せず、室温にはご注意ください)

エアコンの使用は最低限に抑えて、暑い時は暑い、寒い時は寒い、を感じて体をその環境に慣らすことが重要です。

とは言え、熱中症には十分注意する必要があります。

自律神経がじゅうぶんに発達していない、子供のころに、快適すぎる環境を与えるのは、将来に冷え性だけでなく、いろいろな不調を抱えさす原因になります。

 

 

女性と男性で違う体感温度

一般的には、女性と男性では、体内で作られる熱量がぜんぜん違うので、体感温度に5℃前後の違いがあります。

ですので、男性が快適と感じる温度では、女性にとっては寒すぎる温度になってしまうのです。

なにせ、5度の差ですから、その差はすごいものです。

 

 

もしも、男性がこれ以上もないくらいの薄着になっても、暑がっている様子でしたら、女性は一枚着込んで、少しだけ背低温度を下げてあげればいいんじゃないかなと思います。

 

よく、この環境温度の設定で、離婚問題にまで発展すると聞いたことがありますが、さすがに5度も体感温度が違うなら、それもわかるような気がします。

男性も女性も、この事実を知れば、お互いを思いやることが出来るのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

夏の冷たい飲み物

夏は冷たい物を飲んだり、アイスクリームを食べたりすることが多くなると思います。

胃の場所はお腹の中心にあり、すぐ近くには、血液を送り出す心臓があります。

冷たい物ばかり摂取していると、お腹が冷え、心臓から送り出される血液まで冷えて血流が悪くなります。

ですから、暑くても、常温の水をおすすめします。

 

冷え性を考えるなら、砂糖とカフェインが含まれた飲み物はできるだけ避けましょう。

砂糖には、血糖値を急激に上下させて体温を下げやすく、血流を悪くする原因になります。

カフェインには、血管収縮作用があり、血流を悪くします。また、利尿作用があるため水分補給のために飲んでも水分がすぐに出てしまいます。

 

 

 

夏の生野菜

生野菜は、体の熱をどんどん奪う働きがあります。

夏で野菜がおいしいのは、わかりますが、生野菜ばかり食べていると、これもまた体が冷やすことになります。

 

 

暑がりの方へ

暑がりの方にとっては、体を冷やすと言った魅力的な内容です。

体が冷えることによる不調はさまざまです。

どんな不調がでるか、わかりませんので、悪用は禁物です。

体感は暑いと思っていても、実際の体は冷えていることもあります。

暑いといった体感と、実際の体温に相関はありませんので注意ください。

 

 

 

 

 

 

ブログ記事を応援してくれる方はポチッっと下のボタンを押してね
人気ブログランキング
そして、この記事をツイッター投稿してくれるなら下のボタンを押してね

関連記事

  1. 考え方

    スマホのガラスフィルムがすぐに割れる理由

    先ほども説明したように、硬度は「ひっかき硬度」とも言われ、ひっかき傷に…

  2. 考え方

    眼の錯覚なのか、エアコンの室内機が傾いているように見えるのはなぜか

    エアコン工事が終わり、室内機を凝視すると、気が付く人がいるかも知れませ…

  3. 考え方

    ガス給湯器は追いだき機能が無いタイプがおすすめ

    浴槽回路を含むポンプ内は、常に浴槽の汚れた水で満たされていることになり…

  4. 考え方

    あの、カビキラーの噂は、本当なのか?

    カビキラーの噂を考察インターネットで“カビキラー“を検索するとかならず…

  5. 考え方

    気分転換やリフレッシュをしても疲れが残る理由

    今の自分のからだが、なにを求めているのかを見極める必要があります。この…

  6. 考え方

    ルームエアコンは本当にクリーニングで綺麗になるのだろうか

    費用対効果の面でエアコンのクリーニングはしなくても良いと判断出来るかも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

A language is translated.

笑える記事

役に立つ記事

気になる記事

スポンサードリンク

応援していただける方はポチッと!

  1. 思い出

    株式会社ノーリツと私の出会い
  2. 方法、手法

    ほとんどの電卓で使える、ちょっとした技
  3. 方法、手法

    ファックスをメールで受信する方法
  4. 方法、手法

    炊飯器が壊れてしまった時でも、簡単にご飯は炊けます。
  5. 方法、手法

    絶対にインフルエンザにならない方法
PAGE TOP